お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-18 14:40
LTE-Advanced上でのアナログCSIフィードバック特性改善に関する一検討
山崎智春浦林宏行童 方偉藤代真人守田空悟京セラRCS2014-74
抄録 (和) 無線通信における喫緊の課題として,トラフィックの急激な増大に伴う無線周波数の枯渇が挙げられる.この課題に対する有効な解決策として,シングルユーザ (SU-) あるいはマルチユーザ (MU-) のMultiple-Input Multiple-Output (MIMO)や,基地局間協調等のマルチアンテナ技術を利用した空間チャネルの有効利用が広く検討されている.しかしこれらの技術においてはチャネル推定の精度が非常に重要である.特に下り回線に適用する場合, FDDシステムにおいては基地局からの下り信号に基づいて端末がチャネル推定を行なった後,上り回線のリソースを消費してチャネル推定結果を基地局にフィードバックする必要がある.そのため,高精度なチャネル情報のフィードバックを行うためにはそれだけ多くの上り回線リソースを消費することになる.また,このトレードオフを解決するために,例えば上り回線の品質に応じてその精度を適応的に可変としようとすれば,その仕組みの導入によりさらにオーバヘッドが発生することになる.本稿では,特にFDDシステムにおけるチャネル情報フィードバックの精度,及びオーバヘッドの問題を解決するためのチャネル情報フィードバック手法として,チャネル情報を直接IQ平面状にマッピングしてフィードバックするアナログフィードバック手法に着目し,LTE-Advanced等に代表されるOFDMシステムに適用した場合の特性改善手法について検討を行った結果を報告する. 
(英) Depletion of radio frequency resource due to traffic explosion is the serious problem on radio communication and multi antenna techniques which exploit spatial channel resource such as Single User (SU-) / Multi User (MU-) Multiple-Input Multiple Output (MIMO), coordinated multi cell operation, etc. are the promising solutions for these problems while these techniques heavily depend on the accuracy of channel estimation. When applying them to downlink communication, especially in case of Frequency Division Duplex (FDD) system, UE should estimate CSI based on downlink signal transmitted by BS and feed it back to BS using uplink resource. Consequently a trade-off between CSI accuracy and the overhead on uplink resource becomes a problem. Adaptive accuracy control can be a solution to the trade-off problem but the control scheme itself can be an additional overhead. To address the problem, in this report we focus on Analog CSI feedback method in which CSI is mapped directly onto the I/Q plane and show our preliminary results and its enhancement assuming OFDM system such as LTE-Advanced.
キーワード (和) アナログCSIフィードバック / OFDM / LTE-Advanced / / / / /  
(英) Analog CSI feedback / OFDM / LTE-Advanced / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 86, RCS2014-74, pp. 245-250, 2014年6月.
資料番号 RCS2014-74 
発行日 2014-06-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-74

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2014-06-17 - 2014-06-19 
開催地(和) 沖縄県青年会館(那覇) 
開催地(英) Okinawa-ken Seinenkaikan (Naha) 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,国際ワークショップ,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Advanced上でのアナログCSIフィードバック特性改善に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration on Analog CSI Feedback Enhancement for LTE-Advanced 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アナログCSIフィードバック / Analog CSI feedback  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 智春 / Chiharu Yamazaki / ヤマザキ チハル
第1著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
KYOCERA Corporation (略称: KYOCERA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦林 宏行 / Hiroyuki Urabayashi / ウラバヤシ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
KYOCERA Corporation (略称: KYOCERA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 童 方偉 / Fangwei Tong / ドウ ホウイ
第3著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
KYOCERA Corporation (略称: KYOCERA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤代 真人 / Masato Fujishiro / フジシロ マサト
第4著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
KYOCERA Corporation (略称: KYOCERA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 守田 空悟 / Kugo Morita / モリタ クウゴ
第5著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
KYOCERA Corporation (略称: KYOCERA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2014-06-18 14:40:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2014-74 
巻番号(vol) vol.114 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.245-250 
ページ数
発行日 2014-06-10 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会