お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-26 14:20
ISO 11161の普及とその問題点 ~ ケーススタディによる考察 ~
今枝幸博木村哲也長岡技科大SSS2014-9
抄録 (和) 我が国での労働災害は労働安全衛生法が1972年に施行された後、死亡者数ではそれまでのほぼ1/3まで減少したが、その後足踏みの様相が続いた。その後、ISO 12100-1が2003年に発行されてから再び減少に転じている。これはISO 12100-1の規格の認知や適用が進んだものと考えられる。しかし、製造業に着目してみると2009年から下げ止まっており、本稿では統合生産システム(IMS)がその一因と考え考察を行った。
製造業では設備の自動化に伴いIMSが重要な位置を占めているが、その計画や設置の段階でIMSとしてのリスクアセスメントが十分に行われていない。よって、生産設備が更新され、個々の機械ではISO 12100および一連の機械安全規格が考慮されていても、組み合わせに伴って生じる新たなリスクへの適切な対応ができていなく、設備異常が発生した後の復旧作業やメンテナンスにおいて災害が発生していると仮定して分析を行った。 
(英) Integrated Manufacturing System (IMS) occupies an important position in the manufacturing industry along with the facility automation. Nevertheless, risk assessment for IMS is not carried out adequately at the stages from planning to a test run. When manufacturing facilities are renewed, ISO 12100 and a series of machine safety standards are taken into consideration for individual machines equipped in a facility, but risks which will be newly generated due to machine combinations are not assessed adequately. Therefore, examination was made assuming that the repair work after an error occurs in the facility or maintenance causes machinery accident in this paper.
キーワード (和) ISO 12100 / ISO 11161 / リスクアセスメント / 統合生産システム / / / /  
(英) ISO 12100 / ISO 11161 / Risk Assessment / IMS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 106, SSS2014-9, pp. 9-12, 2014年6月.
資料番号 SSS2014-9 
発行日 2014-06-19 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SSS2014-9

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2014-06-26 - 2014-06-26 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 機械安全を主として 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2014-06-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ISO 11161の普及とその問題点 
サブタイトル(和) ケーススタディによる考察 
タイトル(英) Popularization of ISO 11161 and the related issues 
サブタイトル(英) A case study 
キーワード(1)(和/英) ISO 12100 / ISO 12100  
キーワード(2)(和/英) ISO 11161 / ISO 11161  
キーワード(3)(和/英) リスクアセスメント / Risk Assessment  
キーワード(4)(和/英) 統合生産システム / IMS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今枝 幸博 / Yukihiro Imaeda / イマエダ ユキヒロ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 哲也 / Tetsuya Kimura / キムラ テツヤ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-26 14:20:00 
発表時間 40 
申込先研究会 SSS 
資料番号 SSS2014-9 
巻番号(vol) 114 
号番号(no) no.106 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数
発行日 2014-06-19 (SSS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会