お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-10 16:20
Malbolge低級アセンブラにおけるコード配置アドレスの決定法
加藤起騎酒井正彦坂部俊樹西田直樹名大SS2014-18 KBSE2014-21
抄録 (和) Malbolgeは最も難解でプログラミングが困難な言語として知られている.
近年,Malbolge低級アセンブラが開発され,Malbolgeプログラムの生成が可能になってきている.しかしながら,これまでの低級アセンブラでは,コード配置アドレスをユーザにより試行錯誤により定める必要があった.これは,配置コードを生成するプログラム長が与えた配置アドレスにより著しく変化することと,メモリ不足から生成プログラムと配置アドレスを離して置くことができないことが原因であった.
本研究ではこの問題の解決のために,メモリ空間を拡大したMalbolge20のための改良版低級アセンブラを提案する.改良版低級アセンブラでは,コード長は増加するもののコード長が配置アドレスに依存しない手法を用いることで,コード配置アドレスを自動化できた. 
(英) Malbolge is known as one of the most esoteric and hard-to-programming languages.
Recently a low-level assembler (LA-assembler) has been developed, which makes it possible to produce a class of Malbolge programs. In the current LA-assembler, however, users must give an appropriate address for code allocation by trial and error. This is because the lengths of programs for generating codes are unexpectedly changed depending on code allocation addresses, and it is impossible to clearly separate the allocated code and the programs for generating codes from lack of memory.
In this paper, we propose an LA-assembler for Malbolge20,
which is an memory-space extended Malbolge, in order to solve this problem. The LA-assembler generates codes whose lengths do not depend on code allocation addresses although the generated codes are longer than ones generated by the previous assembler. Thus a function for automatic address allocation is easily implemented.
キーワード (和) 難解プログラミング言語 / Malbolge / / / / / /  
(英) Esoteric Programming Language / Malbolge / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 127, SS2014-18, pp. 99-104, 2014年7月.
資料番号 SS2014-18 
発行日 2014-07-03 (SS, KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2014-18 KBSE2014-21

研究会情報
研究会 KBSE SS IPSJ-SE  
開催期間 2014-07-09 - 2014-07-11 
開催地(和) 富良野文化会館 
開催地(英) Furano-Bunka-Kaikan 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2014-07-KBSE-SS-SE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Malbolge低級アセンブラにおけるコード配置アドレスの決定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Deciding Code Allocation on Malbolge Low-Level Assembler 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 難解プログラミング言語 / Esoteric Programming Language  
キーワード(2)(和/英) Malbolge / Malbolge  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 起騎 / Tatsuki Kato / カトウ タツキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 正彦 / Masahiko Sakai / サカイ マサヒコ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂部 俊樹 / Toshiki Sakabe / サカベ トシキ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 直樹 / Naoki Nishida / ニシダ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2014-07-10 16:20:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 SS 
資料番号 SS2014-18, KBSE2014-21 
巻番号(vol) vol.114 
号番号(no) no.127(SS), no.128(KBSE) 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数
発行日 2014-07-03 (SS, KBSE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会