お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-23 09:20
突合せ点に隙間を有する光ファイバ接続部の光学特性劣化に関する検討
渡辺 汎阿部篤史尾崎道雄高谷雅昭NTT東日本OFT2014-51
抄録 (和) 突合せ点に隙間を有するメカニカルスプライスを用いて、光学特性劣化の検証を行った。フィールドで損失増加が確認されたサンプルを使用して、損失増加発生当日の気温変化に準じた-10 ℃~0 ℃の温度範囲の試験条件でヒートサイクル試験を行い、接続損失が最大で20 dB以上に達することを確認した。また-30 ℃~70 ℃の温度範囲の試験条件でのヒートサイクル試験では、突合せ点に隙間がある12心のうち、8心で接続損失が10 dB以上に増加、もしくは反射減衰量が30 dB以下に低下することを確認した。更にヒートサイクル時の接続損失と反射減衰量の値の変動から、突合せ点での屈折率整合剤の状態を推定し、大きな接続損失が発生する場合は突合せ点に空気と屈折率整合剤が混在状態となっていると推定した。 
(英) We experimentally investigated the performance of optical fiber connections with a gap. The maximum insertion loss of optical fiber connection with a gap between fiber ends was 20 dB in a heat cycle test. We revealed that increase of insertion loss might be caused by a mixture of refractive index matching material and air-filled gaps.
キーワード (和) 光ファイバ / 突合せ点 / 隙間 / 屈折率整合剤 / メカニカルスプライス / 接続損失 / 反射減衰量 /  
(英) optical fiber / optical fiber connection / gap between optical fiber ends / matching material / mechanical splice / insertion loss / return loss /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 405, OFT2014-51, pp. 33-38, 2015年1月.
資料番号 OFT2014-51 
発行日 2015-01-15 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2014-51

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2015-01-22 - 2015-01-23 
開催地(和) 宮崎グリーンホテル 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2015-01-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 突合せ点に隙間を有する光ファイバ接続部の光学特性劣化に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on optical performance deterioration of optical fiber connection with gap 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ / optical fiber  
キーワード(2)(和/英) 突合せ点 / optical fiber connection  
キーワード(3)(和/英) 隙間 / gap between optical fiber ends  
キーワード(4)(和/英) 屈折率整合剤 / matching material  
キーワード(5)(和/英) メカニカルスプライス / mechanical splice  
キーワード(6)(和/英) 接続損失 / insertion loss  
キーワード(7)(和/英) 反射減衰量 / return loss  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 汎 / Hiroshi Watanabe / ワタナベ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE EAST CORPORATION (略称: NTT EAST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 篤史 / Atsushi Abe / アベ アツシ
第2著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE EAST CORPORATION (略称: NTT EAST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾崎 道雄 / Michio Ozaki / オザキ ミチオ
第3著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE EAST CORPORATION (略称: NTT EAST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 雅昭 / Masaaki Takaya / タカヤ マサアキ
第4著者 所属(和/英) 東日本電信電話株式会社 (略称: NTT東日本)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE EAST CORPORATION (略称: NTT EAST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2015-01-23 09:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 OFT 
資料番号 OFT2014-51 
巻番号(vol) vol.114 
号番号(no) no.405 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数
発行日 2015-01-15 (OFT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会