お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-02 13:30
雑音,SNR,音声区間推定の有機的統合
藤枝 大矢頭 隆OKIEA2014-80 SIP2014-121 SP2014-143
抄録 (和) 一般に,単一マイク雑音抑圧を行うには各時間周波数点における信号対雑音比(SNR)が必要であり,SNR算出のためには事前に雑音を推定しなければならない.雑音推定には音声区間検出(VAD)または音声存在確率の算出等のVADに近い前処理が必要となり,VADには高い精度が求められる.そこで我々は,雑音推定・SNR推定・VADの情報を相互に交換し合いながらそれらを推定する,有機的雑音環境分析(Organized Noise Scene Analysis: ONSA)を提案する.本報告では,提案法を簡単なVADに適用することで,ETSI規格で標準化された従来法と遜色ないVAD,雑音抑圧が実現できることを示す. 
(英) In general, a noise suppression using a single microphone needs signal-to-noise ratio (SNR) in each time-frequency point, and calculation of SNR requires prior estimation of a noise. A noise estimation is performed based on the result of voice activity detection (VAD) or a processing similar to the VAD, such as calculation of speech presence probability, therefore the accuracy of VAD is crucially important. In this paper, the organized noise scene analysis (ONSA) is proposed. ONSA estimates a noise, SNR and a voice activity period by exchanging information on them each other. The proposal method applies to the simple VAD, which achieves performance equivalent compared with the conventional method standardized in ETSI.
キーワード (和) 有機的雑音環境推定(ONSA) / 雑音抑圧 / 雑音推定 / SNR推定 / VAD / / /  
(英) Organized Noise Scene Analysis (ONSA) / Noise Suppression / Noise Estimation / SNR Estimation / VAD / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 474, SIP2014-121, pp. 49-54, 2015年3月.
資料番号 SIP2014-121 
発行日 2015-02-23 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2014-80 SIP2014-121 SP2014-143

研究会情報
研究会 SIP EA SP  
開催期間 2015-03-02 - 2015-03-03 
開催地(和) ホテルミヤヒラ(石垣島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 電気音響,音声,信号処理一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2015-03-SIP-EA-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 雑音,SNR,音声区間推定の有機的統合 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Approach Combining Organically Noise, SNR and Voice Activity Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 有機的雑音環境推定(ONSA) / Organized Noise Scene Analysis (ONSA)  
キーワード(2)(和/英) 雑音抑圧 / Noise Suppression  
キーワード(3)(和/英) 雑音推定 / Noise Estimation  
キーワード(4)(和/英) SNR推定 / SNR Estimation  
キーワード(5)(和/英) VAD / VAD  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤枝 大 / Masaru Fujieda / フジエダ マサル
第1著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: OKI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢頭 隆 / Takashi Yazu / ヤズ タカシ
第2著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: OKI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-03-02 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 EA2014-80, SIP2014-121, SP2014-143 
巻番号(vol) 114 
号番号(no) no.473(EA), no.474(SIP), no.475(SP) 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数
発行日 2015-02-23 (EA, SIP, SP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会