お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-09 16:10
改版履歴の分析に基づく変更支援手法における時間的近接性と大規模コミットの影響
森 達也Anders Mikael Hagward小林隆志東工大SS2014-67
抄録 (和) 改版履歴の分析によってファイルの同時変更ルールを抽出し,次に変更すべき箇所を推薦することで開発者への支援を行う研究が進められている.本研究では,開発の時間的近接性を考慮することと,大規模コミットを除去することが得られる変更ルールの質にどのような影響を及ぼすかを調査した.代表的なOSSを用いた評価実験によって,直近のコミットのみを用いることで推薦の性能が向上すること,大規模コミットを単純に取り除いてはいけないことを明らかにした. 
(英) Many studies on change guide, that support to find necessary code changes with using co-change rules extracted from the version history, have been performed. In this study, we investigate how the consideration of recency and elimination of large commits affect the quality of change rules. Experimental results using typical OSS show that the consideration of recency can improve the recommendation performance and the elimination of large commits is ineffective against the recommendation.
キーワード (和) 変更支援 / ソフトウェアリポジトリマイニング / 改版履歴 / ソフトウェア保守 / / / /  
(英) change guide / software repository mining / commit history / software maintenance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 510, SS2014-67, pp. 73-78, 2015年3月.
資料番号 SS2014-67 
発行日 2015-03-02 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2014-67

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2015-03-09 - 2015-03-10 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) OKINAWAKEN SEINENKAIKAN 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2015-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 改版履歴の分析に基づく変更支援手法における時間的近接性と大規模コミットの影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of the recency and large commits on change guide method based on version history analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 変更支援 / change guide  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェアリポジトリマイニング / software repository mining  
キーワード(3)(和/英) 改版履歴 / commit history  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェア保守 / software maintenance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 達也 / Tatsuya Mori /
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Anders Mikael Hagward / Anders Mikael Hagward /
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学/Royal Institute of Technology (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology/Royal Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 隆志 / Takashi Kobayashi /
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2015-03-09 16:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SS 
資料番号 SS2014-67 
巻番号(vol) vol.114 
号番号(no) no.510 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数
発行日 2015-03-02 (SS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会