お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-03-17 18:15
評価の効率化のための大学と評価者のコミュニケーション支援システム
渋井 進大学評価・学位授与機構/鹿児島大)・野田文香大学評価・学位授与機構HCS2014-122
抄録 (和) 大学評価支援を目的として,大学と評価者のコミュニケーションを促進するツール作成へ向けた取組を紹介する.近年,大学におけるInstitutional Research(IR)の設置に見られる様に,大学評価に必要なデータの収集と体制整備が進みつつある.しかし,様々な評価の観点に対応して,どのような指標・エビデンスが有効であるかの統一がなされておらず,それに起因するコストが大学・評価機関双方にとって負担となっている.これまで我々が,過去の評価報告書のデータの内容分析を行って評価に有効な指標・エビデンスを可視化した例を示し,それらを拡大したデータベースの作成の必要性について論じる. 
(英) In this paper, we introduce the study to facilitate the communication between universities and evaluators. There’s been an increase in collecting the data and its system for university evaluation in recent years like establishment of IR office. On the other hand, the variety of unstandardized indicators for each evaluation criteria causes the costs for collecting the data for universities and evaluation institutions. We performed the visualization of the indicators by means of the content analysis of the past evaluation reports toward the resolution of this issue. The needs for database to support the universities and evaluators are discussed.
キーワード (和) 大学評価 / 評価結果報告書 / 指標 / 可視化 / / / /  
(英) University Evaluation / Evaluation Report / Indicators / Visualization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 517, HCS2014-122, pp. 61-62, 2015年3月.
資料番号 HCS2014-122 
発行日 2015-03-10 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2014-122

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2015-03-17 - 2015-03-18 
開催地(和) 山代温泉 瑠璃光 
開催地(英) Rurikoh (Yamashiro Onsen, Ishikawa) 
テーマ(和) コミュニティデザインとコミュニケーションおよび一般 
テーマ(英) Community design and communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2015-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 評価の効率化のための大学と評価者のコミュニケーション支援システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Supporting system to facilitate the communication between university and evaluator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大学評価 / University Evaluation  
キーワード(2)(和/英) 評価結果報告書 / Evaluation Report  
キーワード(3)(和/英) 指標 / Indicators  
キーワード(4)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渋井 進 / Susumu Shibui / シブイ ススム
第1著者 所属(和/英) 大学評価・学位授与機構/鹿児島大学 (略称: 大学評価・学位授与機構/鹿児島大)
National Institution for Academic Degrees and University Evaluation/Kagoshima University (略称: NIAD-UE/Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 文香 / Ayaka Noda /
第2著者 所属(和/英) 大学評価・学位授与機構 (略称: 大学評価・学位授与機構)
National Institution for Academic Degrees and University Evaluation (略称: NIAD-UE)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2015-03-17 18:15:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 HCS 
資料番号 HCS2014-122 
巻番号(vol) vol.114 
号番号(no) no.517 
ページ範囲 pp.61-62 
ページ数
発行日 2015-03-10 (HCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会