お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-06-29 14:45
カーリングを科学するプロジェクト
伊藤毅志電通大)・桝井文人宮越勝美北見工大)・河村 隆信州大)・山本雅人北大)・竹川佳成公立はこだて未来大)・柳 等北見工大)・松原 仁公立はこだて未来大CNR2015-2
抄録 (和) カーリングは,氷上のチェスと呼ばれるほど戦略性の高いウィンタースポーツである.しかし,氷上のストーンの挙動に関する力学的なメカニズムは明らかになっていないばかりか,その多くの不確実性から科学的な研究があまり進んでいなかった.我々研究グループは,カーリングというスポーツゲームを題材に,それぞれの研究分野の専門であるゲーム情報学,人工知能,認知科学,機械工学,スポーツ科学などの知見から科学的視点で研究を進め,「カーリング戦略」を共通項にして学術的に発展させることで「カーリング科学」分野の開拓を進めていく.本報告では,それぞれの分野に関する本プロジェクトを紹介する. 
(英) Curling is a winter sport with an advanced strategy called "chess on ice." However, curling is a game including many uncertainty from which even the physical movement of the stone is not clear. This uncertainty makes scientific research difficult. On the topic of curling, we the research group study about "curling strategy" from the viewpoint of each special researching field. We try to sublimate curling to “science”.
キーワード (和) カーリング / 戦略 / ゲーム情報学 / 人工知能 / / / /  
(英) curling / strategy / game informatics / artificial ingelligence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 118, CNR2015-2, pp. 5-10, 2015年6月.
資料番号 CNR2015-2 
発行日 2015-06-22 (CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CNR2015-2

研究会情報
研究会 CNR  
開催期間 2015-06-29 - 2015-06-29 
開催地(和) 筑波大学東京キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 知能獲得および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CNR 
会議コード 2015-06-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カーリングを科学するプロジェクト 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Project on Curling as a Science 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カーリング / curling  
キーワード(2)(和/英) 戦略 / strategy  
キーワード(3)(和/英) ゲーム情報学 / game informatics  
キーワード(4)(和/英) 人工知能 / artificial ingelligence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 毅志 / Takeshi Ito / イトウ タケシ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 桝井 文人 / Fumito Masui / マスイ フミト
第2著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮越 勝美 / Katsumi Miyakoshi / ミヤコシ カツミ
第3著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 隆 / Takashi Kawamura / カワムラ タカシ
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: SU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 雅人 / Masahito Yamamoto / ヤマモト マサヒト
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: HU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹川 佳成 / Yoshinari Takekawa / タケカワ ヨシナリ
第6著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: FUN)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳 等 / Hitoshi Yanagi / ヤナギ ヒトシ
第7著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: KIT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 仁 / Hitoshi Matsubara / マツバラ ヒトシ
第8著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: FUN)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2015-06-29 14:45:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 CNR 
資料番号 CNR2015-2 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.118 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数
発行日 2015-06-22 (CNR) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会