お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-13 13:25
Fichtner-Freudenberg表現による一般化ビームスプリッターを用いた量子論理回路の定式化について
小平慶太渡邉 昇東京理科大IT2015-22
抄録 (和) 近年,量子コンピュータにつて研究されている.量子コンピュータは現在使われているコンピュータに比べ,計算速度が圧倒的に速い.そのため,大容量の情報を処理することができる.量子コンピュータは量子ゲートと呼ばれる基本素子で構成されている.そして量子ゲートの数理モデルの1つとして,可逆であるFTゲートが理論的に研究されている.
本研究では,一般化された対称Fock空間で与えられたビームスプリッターのみを組み合わせ,FTゲートを構成することを目的とする. 
(英) Recently, quantum computer has been studied by several researchers.Computational speed of quantum computer is overwhelmingly faster than that of the present computer. As a result, quantum computer can process large capacity of information. The circuit of quantum computer is constituted by basic element called quantum gate. As one of mathematics model of the quantum gate, reversible FT gates have been studied theoretically.
The purpose of this study is to constitute the FT gates only with beam splittings given by general symmetric Fock spaces.
キーワード (和) 量子コンピュータ / FTゲート / ビームスプリッター / / / / /  
(英) quantum computer / FT gates / beam splittings / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 137, IT2015-22, pp. 29-34, 2015年7月.
資料番号 IT2015-22 
発行日 2015-07-06 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2015-22

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2015-07-13 - 2015-07-14 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2015-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Fichtner-Freudenberg表現による一般化ビームスプリッターを用いた量子論理回路の定式化について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On construction of quantum logical gates with a general beam splitting by Fichtner-Freudenberg expression 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子コンピュータ / quantum computer  
キーワード(2)(和/英) FTゲート / FT gates  
キーワード(3)(和/英) ビームスプリッター / beam splittings  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小平 慶太 / Keita Kohira / コヒラ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 昇 / Noboru Watanabe / ワタナベ ノボル
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2015-07-13 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IT 
資料番号 IT2015-22 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.137 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数
発行日 2015-07-06 (IT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会