お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-07-14 09:30
KOWエントロピーの定式化と一般化されたAOWエントロピーの数値計算について
武藤将弘渡邉 昇東京理科大IT2015-28
抄録 (和) Kolmogorov-Sinaiエントロピーを量子系に拡張しようとする試みは1975年頃からエムチ,コンヌ-ストルマーらによって行われた.
1999年にはコサコウスキー-大矢-渡邉によって$C^{*}-$代数系上での完全正写像に対する力学的エントロピー(KOW力学的エントロピー)まで定式化されている.
本論文では,状態の力学的変化を減衰チャネル及び結合チャネルで与えたときに,KOW力学的エントロピーの特殊な場合である一般化されたAOW力学的エントロピーの数値計算を行い比較した. 
(英) For around 1975 Emch,Connes-St$o{}$rmer and others attempted to extend the Kolmogorov-Sinai entropy to quantum systems.In 1999 Kossakowski, Ohya and Watanabe formulated the quantum dynamical entropy for completely positive maps on $C^{*}-$algebras, which is called the KOW dynamical entropy.
In this paper, the generalized AOW entropy, which is a special case of the KOW dynamical entropy, is calculated concretely for the state change of the attenuation process and the connected process.And we compared with these process in terms of the numerical calculation of the generalized AOW dynamical entropy.
キーワード (和) KOW力学的エントロピー / 量子力学的エントロピー / 減衰チャネル / 結合チャネル / / / /  
(英) KOW dynamical entropy / quantum dynamical entropy / attenuation process / connected process / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 137, IT2015-28, pp. 67-72, 2015年7月.
資料番号 IT2015-28 
発行日 2015-07-06 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2015-28

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2015-07-13 - 2015-07-14 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2015-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) KOWエントロピーの定式化と一般化されたAOWエントロピーの数値計算について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On construction of KOW entropy and its computation for generalized AOW entropy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) KOW力学的エントロピー / KOW dynamical entropy  
キーワード(2)(和/英) 量子力学的エントロピー / quantum dynamical entropy  
キーワード(3)(和/英) 減衰チャネル / attenuation process  
キーワード(4)(和/英) 結合チャネル / connected process  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武藤 将弘 / Masahiro Muto / ムトウ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University Of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 昇 / Noboru Watanabe / ワタナベ ノボル
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University Of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2015-07-14 09:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IT 
資料番号 IT2015-28 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.137 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数
発行日 2015-07-06 (IT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会