お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-08-28 15:40
リスクコミュニケーションにおけるファシリテーション機能の明確化のための認知モデルの構築
竹中一真菅野太郎東大SSS2015-11
抄録 (和) リスクマネジメントにおいてリスクコミュニケーションが重要となり,その際,ファシリテーターの果たす役割が大きい.しかし,ファシリテーターの能力に関する研究はこれまで十分にされておらず,有能なファシリテーターの知見を他者が利用することが難しい.そこで,本研究はリスクコミュニケーションにおいてファシリテーターの持つ機能を明確化し,より多くの人がファシリテーターの機能を習得できるようにすることを目的とする.本稿では,既往研究の問題点を整理し,それら問題点を解決する研究構想を提案する. 
(英) Facilitator is important for Risk communication. However, the past related studies didn’t study competency of the facilitators well. Therefore, There is no good method for learning and training. In order to solve this problem, we set the objective of our study as “clarifying the function of facilitator in risk communication”. In this article, we summarize problems of the past related studies and propose an idea to solve the problems.
キーワード (和) リスクコミュニケーション / ファシリテーション / 認知モデル / / / / /  
(英) Risk communication / Facilitation / Cognitive model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 203, SSS2015-11, pp. 21-25, 2015年8月.
資料番号 SSS2015-11 
発行日 2015-08-21 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SSS2015-11

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2015-08-28 - 2015-08-28 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ヒューマンファクター 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2015-08-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リスクコミュニケーションにおけるファシリテーション機能の明確化のための認知モデルの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Clarifying the Function of Facilitator in Risk Communication by Constructing the Cognitive Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リスクコミュニケーション / Risk communication  
キーワード(2)(和/英) ファシリテーション / Facilitation  
キーワード(3)(和/英) 認知モデル / Cognitive model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 一真 / Isshin Takenaka / タケナカ イッシン
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The University of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 太郎 / Taro Kanno / カンノ タロウ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The University of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2015-08-28 15:40:00 
発表時間 40分 
申込先研究会 SSS 
資料番号 SSS2015-11 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.203 
ページ範囲 pp.21-25 
ページ数
発行日 2015-08-21 (SSS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会