お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-11-05 09:30
第1固有モード伝送を積極活用する高周波数帯マルチユーザMassive MIMOの検討
丸田一輝岩國辰彦太田 厚白戸裕史新井拓人飯塚正孝NTTRCS2015-205
抄録 (和) 第5世代移動通信(5G)では飛躍的な高速化・大容量化が求められており, その実現のために高周波数帯の利用およびMassive MIMOの導入が注目されている.見通し成分が支配的なチャネルにおいてシステム容量向上のためにはマルチユーザ(MU-)MIMOの適用が有効であるが,チャネル時変動に起因して生じるユーザ間干渉によりスループットが大幅に劣化することが考えられる.本稿では,安定した見通し成分を活用する第1固有モード伝送によるMU-MIMOの有効性を検証するとともに,提案する高効率チャネル情報推定法に基づく簡易ビーム形成手法を適用し,第1固有モード伝送と同等の性能を達成可能であることを示す. 
(英) Drastic improvements of transmission rate and system capacity are required towards 5th generation mobile communications (5G). As promising approaches, one is utilizing higher frequency band which remains rich spectrum resources and another is application of massive MIMO to compensate area coverage shortfall due to the large propagation loss while obtaining high order spatial multiplexing gain. With Line of Sight (LOS) dominant channel environment, multiuser (MU-) MIMO is also effective in further enhancing system capacity. However, MU-MIMO is strongly affected by channel time variation which causes inter-user interference since null forming must be performed at the transmitter. This paper addresses effectiveness of the first eigenmode transmission for multiuser massive MIMO. First eigenmode strengthens LOS component which is robust to the channel time variation. In addition, we previously proposed simplified beamforming method based on high-efficient channel state information (CSI) estimation scheme which extracts LOS component. We also show that this approximate beamforming can achieve comparable throughput performance to the strict first eigenmode transmission.
キーワード (和) 大規模MIMO / マルチユーザMIMO / 第1固有モード / チャネル推定 / チャネル時変動 / / /  
(英) Massive MIMO / Multiuser MIMO / First Eigenmode / Channel Estimation / Channel Time Variation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 288, RCS2015-205, pp. 91-96, 2015年11月.
資料番号 RCS2015-205 
発行日 2015-10-28 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2015-205

研究会情報
研究会 AP RCS WPT SAT  
開催期間 2015-11-04 - 2015-11-06 
開催地(和) 沖縄県立博物館・美術館 
開催地(英) Okinawa Prefectural Museum & Art Museum 
テーマ(和) 一般、電波伝搬、無線通信、衛星通信、無線電力伝送 
テーマ(英) Antenna and Propagation, Radio Communication, Satelite Communication, Wireless Power Transfer 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2015-11-AP-RCS-WPT-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 第1固有モード伝送を積極活用する高周波数帯マルチユーザMassive MIMOの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multiuser Massive MIMO Exploiting First Eigenmode Transmission in Higher Frequency Bands 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大規模MIMO / Massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) マルチユーザMIMO / Multiuser MIMO  
キーワード(3)(和/英) 第1固有モード / First Eigenmode  
キーワード(4)(和/英) チャネル推定 / Channel Estimation  
キーワード(5)(和/英) チャネル時変動 / Channel Time Variation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩國 辰彦 / Tatsuhiko Iwakuni / イワクニ タツヒコ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 厚 / Atsushi Ohta / オオタ アツシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白戸 裕史 / Yushi Shirato / シラト ユウシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 拓人 / Takuto Arai / アライ タクト
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯塚 正孝 / Masataka Iizuka / イイヅカ マサタカ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2015-11-05 09:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2015-205 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.288 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数
発行日 2015-10-28 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会