お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-19 11:30
粗粒度再構成可能アクセラレータCMAにおけるパイプライン分割の検討
安藤尚輝増山滉一朗藤田 悠天野英晴慶大VLD2015-79 CPSY2015-111 RECONF2015-61
抄録 (和) Cool mega array-CUBE-SOTB(CC-SOTB)は, 超低電力アクセラレータとしてsilicon on thin BOX(SOTB)プロセスを用いて開発された. しかし, PEアレイ上の長大なクリティカルパスと, スループット向上のために使用されるウェーブパイプラインの難解性が問題となっている. また, これまでクロックツリー排除というアーキテクチャの特性が, どれ程の利益につながっているかの具体的な評価がされてこなかった. 我々はこれらを改善するためにPEアレイのパイプライン分割を検討し, CC-SOTBを公平に評価する事が出来た. パイプライン分割は最大2.16倍の性能向上に寄与したが, 一方で電力は5.51倍にもなった. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) リコンフィギャラブル / アクセラレータ / CGRA / 低電力 / SOTB / ボディバイアス制御 / パイプライン /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 400, RECONF2015-61, pp. 13-18, 2016年1月.
資料番号 RECONF2015-61 
発行日 2016-01-12 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2015-79 CPSY2015-111 RECONF2015-61

研究会情報
研究会 VLD CPSY RECONF IPSJ-SLDM IPSJ-ARC  
開催期間 2016-01-19 - 2016-01-21 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 
開催地(英) Hiyoshi Campus, Keio University 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2016-01-VLD-CPSY-RECONF-SLDM-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 粗粒度再構成可能アクセラレータCMAにおけるパイプライン分割の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pipelining in Coarse Grained Reconfigurable Accelerator CMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リコンフィギャラブル /  
キーワード(2)(和/英) アクセラレータ /  
キーワード(3)(和/英) CGRA /  
キーワード(4)(和/英) 低電力 /  
キーワード(5)(和/英) SOTB /  
キーワード(6)(和/英) ボディバイアス制御 /  
キーワード(7)(和/英) パイプライン /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 尚輝 / Naoki Ando / アンドウ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 増山 滉一朗 / Koichiro Masuyama / マスヤマ コウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 悠 / Yu Fujita / フジタ ユウ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 英晴 / Hideharu Amano / アマノ ヒデハル
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-01-19 11:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 VLD2015-79, CPSY2015-111, RECONF2015-61 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.398(VLD), no.399(CPSY), no.400(RECONF) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数
発行日 2016-01-12 (VLD, CPSY, RECONF) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会