お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-21 11:30
屋内環境における人の位置計測に向けたRGB-Dカメラに映るPDR利用者の同定
木原 渉長岡技科大)・河畑 凌九大)・大西正輝興梠正克蔵田武志産総研PRMU2015-115 MVE2015-37
抄録 (和) 人の位置情報の取得は,人を中心としたサービスを作るための基礎技術として重要な要素の一つである.
本稿では,屋内環境における個人の位置推定について,RGB-DカメラとPDRを組み合わせることで推定の高精度化を目指す.
具体的には,RGB-Dカメラで歩行者の三次元の移動軌跡を計測し,
移動軌跡とPDRで取得した上下方向の加速度および移動方向の変位(ヨー角)と対応づけることで人物同定を行う.
実験結果では,提案手法は同じ経路上を動く複数の歩行者に関しても高い識別率を得ることができた. 
(英) Getting Information of positions and directions of pedestrians indoors is basic technology for providing people with services.
In this study, we aimed to acquire advanced information about the position of pedestrians in the indoor with a combination
of PDR and RGB-D camera. Specifically this paper proposes a method to identify between
pedestrian observed RGB-D Camera and PDR user. Proposed method uses a moving path of pedestrian from RGB-D camera and
a vertical motion and change of moving direction from PDR for identifying pedestrian.
Experimental results showed that proposed method is good performance when our method utilize moving paths having high reliability
even if subjects were walking along a same course.
キーワード (和) 人物同定 / Pedestrian Dead-Reckoning / RGB-Dカメラ / センサフュージョン / / / /  
(英) Pedestrian identification / Pedestrian Dead-Reckoning / RGB-D camera / Sensor fusion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 414, PRMU2015-115, pp. 31-36, 2016年1月.
資料番号 PRMU2015-115 
発行日 2016-01-14 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2015-115 MVE2015-37

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM MVE  
開催期間 2016-01-21 - 2016-01-22 
開催地(和) 阪大銀杏会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 安心・安全・健康のための人物センシングと解析 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2016-01-PRMU-CVIM-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 屋内環境における人の位置計測に向けたRGB-Dカメラに映るPDR利用者の同定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Identification between Pedestrian Observed RGB-D camera and PDR User for Pedestrian Position Tracking in an Indoor Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人物同定 / Pedestrian identification  
キーワード(2)(和/英) Pedestrian Dead-Reckoning / Pedestrian Dead-Reckoning  
キーワード(3)(和/英) RGB-Dカメラ / RGB-D camera  
キーワード(4)(和/英) センサフュージョン / Sensor fusion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木原 渉 / Wataru Kihara / キハラ ワタル
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河畑 凌 / Ryo Kawahata / カワハタ リョウ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 正輝 / Masaki Onishi / オオニシ マサキ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 興梠 正克 / Masakatsu Kourogi / コウロギ マサカツ
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔵田 武志 / Takeshi Kurata / クラタ タケシ
第5著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-01-21 11:30:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 PRMU2015-115, MVE2015-37 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.414(PRMU), no.415(MVE) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数
発行日 2016-01-14 (PRMU, MVE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会