お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-22 13:00
小型無人飛行機を活用した遅延耐性ネットワークの性能評価
林 秀和宇都宮陽一田 学軍奥田隆史愛知県立大IN2015-102
抄録 (和) 近年,通信遅延・通信途絶を許容する遅延耐性ネットワーク (DTN:Delay Tolerant Network) が着目されて いる.DTN は基盤技術として蓄積運搬型転送 (SCF:Store Carry Forward) を用いる.SCF を可能とする中継ノード として,モバイル端末ユーザを活用することが注目されている.ユーザはモバイル端末を平時のみならず,非常時に中 継ノードとして活用し,DTN を構築することが可能である.しかし,モバイル端末ユーザにより構成される DTN の 性能はネットワークを構築する環境規模,環境内のユーザ数,ユーザの行動により影響される.そこで,我々はモバイ ル端末ユーザにより構成される DTN において,中継ノードとして小型無人飛行機(ドローン)を活用する手法を提 案する.具体的には,ドローンが DTN 内を巡回し,ユーザと接触時に SCF により通信をおこない,DTN の性能向 上を支援する.本研究では提案手法をエージェントによりモデル化し,シミュレーションにより性能評価をおこなう. 
(英) elay Tolerant Networking (DTN) has attracted a lot of attention. In DTN, communication is possible even if end-to-end connectivity is never achievable. In recent years, DTN system of using mobile phone users as relay nodes is actively. By using mobile phones, it is possible to build DTN system in emergency situation. However, the DTN system is affected by environment scale, the number of users in the environment, and the behavior of users. In this paper, we propose a method of using drones as relay nodes in DTN system of using mobile phone. In the system, flying drones collect messages from the users and exchange messages with the users. We model the DTN system by approaching Agent-Based Modeling, and evaluate the system performance.
キーワード (和) 遅延耐性ネットワーク / 携帯情報端末 / ドローン / 小型無人飛行機 / 性能評価 / / /  
(英) Delay Tolerant Network / Mobile Node / Drone / Unmanned Aircraft / Performance Evaluation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 405, IN2015-102, pp. 41-46, 2016年1月.
資料番号 IN2015-102 
発行日 2016-01-14 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2015-102

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2016-01-21 - 2016-01-22 
開催地(和) 名古屋企業福祉会館 
開催地(英) Nagoya Kigyou Fukushi Kaikan 
テーマ(和) コンテンツ配信/流通、ソーシャルネットワーク(SNS)、データ分析・処理基盤、ビッグデータ及び一般 
テーマ(英) Contents Delivery/Contents Exchange, Social Networking Service (SNS), Data Analysis/Processing Platform, Big Data, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-01-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 小型無人飛行機を活用した遅延耐性ネットワークの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of delay tolerant network with mobile phones and drones 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遅延耐性ネットワーク / Delay Tolerant Network  
キーワード(2)(和/英) 携帯情報端末 / Mobile Node  
キーワード(3)(和/英) ドローン / Drone  
キーワード(4)(和/英) 小型無人飛行機 / Unmanned Aircraft  
キーワード(5)(和/英) 性能評価 / Performance Evaluation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 秀和 / Hidekazu Hayashi / ハヤシ ヒデカズ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇都宮 陽一 / Yoichi Utsunomiya / ウツノミヤ ヨウイチ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田 学軍 / Tian Xuejun / デン ガクグン
第3著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥田 隆史 / Takashi Okuda / オクダ タカシ
第4著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-01-22 13:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IN 
資料番号 IN2015-102 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.405 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数
発行日 2016-01-14 (IN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会