お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-25 14:00
モデル計数を用いたXMLデータベースのk-安全性検査システムの高速化
浅井孝俊橋本健二関 浩之名大MSS2015-43 SS2015-52
抄録 (和) データベースに対して実行が許可された問合せ結果,データベーススキーマ,
問合せのコード(意味)等の公開情報を組合せて,
実行が禁止された問合せの結果を得ようとする攻撃を推論攻撃という.
推論攻撃により,禁止問合せの結果の候補が$k$個未満に
絞り込めないとき,データベースインスタンスは(これらの問合せとスキーマに対して)$k$-安全であるという.
筆者らは,XMLデータベーススキーマ,問合せ,インスタンスが与えられたとき,
これらを命題論理式のモデル計数問題に帰着して$k$-安全性を検査する手法を提案している.
しかし,生成される命題論理式のサイズが膨大となり検査に大きな時間を要するという問題点があった.
本稿ではスキーマや問合せの情報を積極的に利用することで生成される論理式のサイズを小さくする方法を提案する.
また,提案手法に基づいて実装した$k$-安全性検査ツールを用いて行った実験結果から,提案手法により検査の高速化が行えることを示す. 
(英) An inference attack is a malicious way to obtain the result of an unauthorized query
by combining the database schema, the results of the authorized queries and the code
(meaning) of the queries.
A database instance is $k$-secret if an attacker cannot narrow down the candidates
of the results of the unauthorized query to less than $k$.
We already proposed a method of deciding a sufficient condition of $k$-secrecy
by reducing the problem to a model counting problem for the propositional logic.
This paper proposes an improvement of our previous verification method by incorporating the information on a schema and queries to reduce the size of a generated formula.
We show the effectiveness of the proposed optimization based on the experimental results obtained by our verification tool.
キーワード (和) $k$-安全性 / XMLデータベース / 木変換器 / モデル計数 / / / /  
(英) $k$-secrecy / XML database / tree transducer / model counting / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 420, SS2015-52, pp. 47-52, 2016年1月.
資料番号 SS2015-52 
発行日 2016-01-18 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MSS2015-43 SS2015-52

研究会情報
研究会 SS MSS  
開催期間 2016-01-25 - 2016-01-26 
開催地(和) しいのき迎賓館 セミナールームB 
開催地(英) Shiinoki-Geihin-Kan 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2016-01-SS-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モデル計数を用いたXMLデータベースのk-安全性検査システムの高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Verification Tool for k-Secrecy of XML Databases and Its Optimization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) $k$-安全性 / $k$-secrecy  
キーワード(2)(和/英) XMLデータベース / XML database  
キーワード(3)(和/英) 木変換器 / tree transducer  
キーワード(4)(和/英) モデル計数 / model counting  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 孝俊 / Takatoshi Asai / アサイ タカトシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 健二 / Kenji Hashimoto /
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 浩之 / Hiroyuki Seki /
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-01-25 14:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SS 
資料番号 MSS2015-43, SS2015-52 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.419(MSS), no.420(SS) 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数
発行日 2016-01-18 (MSS, SS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会