お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-17 13:10
熱真空環境下での21GHz帯放送衛星中継器試作モデルの広帯域伝送特性
小島政明亀井 雅長坂正史中澤 進鈴木陽一小泉雄貴斎藤恭一田中祥次斉藤知弘NHKSAT2015-74
抄録 (和) 超高精細映像や立体映像などの高臨場感放送サービスの実現に向けて,21GHz帯(21.4-22.0GHz)を使用する放送衛星システムの研究開発を進めている.大容量伝送を想定した21GHz帯放送衛星システムでは,600MHzの帯域幅を2つに分割した300MHz級広帯域伝送を検討している.
本稿では,21GHz帯放送衛星搭載用中継器試作モデルを用いて低温,常温,高温の各熱真空環境下での広帯域伝送特性の評価結果を報告する. 
(英) We are studying a satellite broadcasting system using 21GHz-band (21.4-22.0GHz) to provide higher realistic sensation services such as UHDTV and 3DTV. Assuming a large transmission capacity in the 21GHz-band satellite broadcasting system, we consider allocating two 300MHz class wideband channels.
In this study, we conduct wideband transmission experiments over a proto-type transponder for 21GHz-band broadcasting satellite. We report the performances over the transponder at low, ordinary and high temperatures in a vacuum.
キーワード (和) 21GHz帯放送衛星 / 広帯域伝送 / 600MHz / / / / /  
(英) 21GHz-band Broadcasting Satellite / Wideband Transmission / 600MHz / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 448, SAT2015-74, pp. 61-64, 2016年2月.
資料番号 SAT2015-74 
発行日 2016-02-09 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2015-74

研究会情報
研究会 SAT SANE  
開催期間 2016-02-16 - 2016-02-17 
開催地(和) 広島工業大学 
開催地(英) Hiroshima Institute of Technology 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Application and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2016-02-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 熱真空環境下での21GHz帯放送衛星中継器試作モデルの広帯域伝送特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wideband Transmission Performance over Proto-type Transponder for 21GHz-band Broadcasting Satellite under Thermal Vacuum 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 21GHz帯放送衛星 / 21GHz-band Broadcasting Satellite  
キーワード(2)(和/英) 広帯域伝送 / Wideband Transmission  
キーワード(3)(和/英) 600MHz / 600MHz  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 政明 / Masaaki Kojima / コジマ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀井 雅 / Masashi Kamei / ナガサカ マサフミ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長坂 正史 / Masafumi Nagasaka / ナガサカ マサフミ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 進 / Susumu Nakazawa / ナカザワ ススム
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽一 / Yoichi Suzuki / スズキ ヨウイチ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 雄貴 / Yuki Koizumi / コイズミ ユウキ
第6著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 恭一 / Kyoichi Saito / サイトウ キョウイチ
第7著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祥次 / Shoji Tanaka / タナカ ショウジ
第8著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 知弘 / Tomohiro Saito / サイトウ トモヒロ
第9著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-02-17 13:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SAT 
資料番号 SAT2015-74 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数
発行日 2016-02-09 (SAT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会