お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-22 10:00
ユニタリ変換を用いたセキュアなカーネル法に基づくクラス分類
中村維吹斉藤裕子塩田さやか貴家仁志首都大東京ITS2015-59 IE2015-101
抄録 (和) 本稿では,テンプレート保護法の一つである,ユニタリ変換に基づく保護法を考察する.
ここで,テンプレートとは,生体情報から抽出された特徴量を意味する.
本稿では,カーネル法に対してランダムユニタリ変換に基づく保護法による保護テンプレートを適用し,その認証性能について理論的に検証を行う.
先の研究によって,ランダムユニタリ変換が保護テンプレート間のユークリッド距離と,オリジナルテンプレート間のユークリッド距離とが等しくなる特徴や,l2ノルム最小化問題に対して認証性能の劣化を生じさせない特徴を持つことが示されている.
本稿では,ランダムユニタリ変換に基づく保護法がカーネル法を用いた認証に対して,認証性能の劣化を生じさせない新たな特徴を示す.
提案法は,保護テンプレートに対してオリジナルテンプレートによる認証と同一の手順を適用可能であり,かつその場合もオリジナルテンプレートと同一の認証結果を得ることが可能である.
最後にカーネル法の一例として,カーネル固有顔を用いた顔認証実験を行い,本稿における理論検証の正当性を実験的にも確認している. 
(英) This study considers a template protection scheme based on an random unitary transformation, where the template consists of the features extracted from the biometric trait.
In this paper, we apply the template protection scheme based on an unitary transformation to a kernel-based classification, and the recognition performance is theoretically considered.
Previous studies showed that the Euclidean distance between templates protected by a unitary transform is the same as that between original ones, and there is no degradation of the recognition performances of using l2-norm minimization.
In this study, we show a new property that there is no degradation of the recognition performances of using a kernel-based classification.
The proposed method can obtain the same recognition performance as authentication with original templates even though protected templates are applied to the same procedure as the authentication with original templates.
We perform some face recognition experiments of using a kernel eigenface as one of the kernel-based classification schemes experimentally to confirm the validity of the theory.
キーワード (和) ユニタリ変換 / カーネル法 / カーネル固有顔 / テンプレート保護法 / 生体認証 / / /  
(英) unitary transform / kernel method / kernel eigenface / template protection method / biometrics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 459, IE2015-101, pp. 17-22, 2016年2月.
資料番号 IE2015-101 
発行日 2016-02-15 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2015-59 IE2015-101

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-AIT ITE-HI ITE-ME ITE-MMS ITE-CE  
開催期間 2016-02-22 - 2016-02-23 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2016-02-ITS-IE-AIT-HI-ME-MMS-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユニタリ変換を用いたセキュアなカーネル法に基づくクラス分類 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Secure classification based on kernel method using unitary transformation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユニタリ変換 / unitary transform  
キーワード(2)(和/英) カーネル法 / kernel method  
キーワード(3)(和/英) カーネル固有顔 / kernel eigenface  
キーワード(4)(和/英) テンプレート保護法 / template protection method  
キーワード(5)(和/英) 生体認証 / biometrics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 維吹 / Ibuki Nakamura / ナカムラ イブキ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 裕子 / Yuko Saito / サイトウ ユウコ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 さやか / Sayaka Shiota / シオタ サヤカ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-02-22 10:00:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 IE 
資料番号 ITS2015-59, IE2015-101 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.458(ITS), no.459(IE) 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数
発行日 2016-02-15 (ITS, IE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会