お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 09:00
ARIB STD T-103規格VHFブロードバンド移動通信システムの実験的評価
牧野仁宣水谷圭一原田博司京大RCS2015-362
抄録 (和) 従来の携帯電話通信よりも広範囲での通信を行うために,VHF帯移動通信システムの研究がなされている.
著者らはこれまでARIB STD-T103を用いた送信機に対する受信機の設計および,計算機シミュレーションを用いた特性評価を行ってきた.
同規格ではIEEE 802.16 の物理層規格と基本パラメータがほぼ同様のMode 1と,VHF帯特有の伝搬環境に対応しMode 1に比べて高速高信頼な伝送が期待されるMode 2が規定されている.
Mode 1では実機による評価が行われてきたが,Mode 2の実機による評価,特に多値QAMを用いた評価はほとんど行われていない.
本稿ではARIB STD-T103 Mode 2の提案送受信機装置の実機評価構成および動特性評価結果について報告する. 
(英) VHF broadband mobile communication systems have been investigated for wider coverage area than conventional cellular phone network area.
The authors have proposed receiving schemes for transmitter based on ARIB STD-T103 and evaluated their BER performance by computer simulation .
This standard has two PHY modes, i.e. Mode 1 and Mode 2.
The difference between Mode 1 and WirelessMAN-OFDMA in 802.16-2009 is only parameters to operate in VHF band.
Pilot patterns of Mode 2 is optimized for VHF band communication systems.
There are some studies about experimental evaluation for Mode 1 but no studies for with high number of modulation levels such as 16QAM and 64QAM.
This paper reports the results of experimental evaluation of receivers proposed for ARIB STD T-103 Mode 2 systems.
キーワード (和) 移動通信 / ブロードバンド / VHF帯 / ARIB STD-T103 / ダイナミックスペクトラムアクセス / 実機評価 / /  
(英) Mobile communication / Broadband / VHF band / ARIB STD-T103 / Dynamic spectrum access / Lab experiments / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 472, RCS2015-362, pp. 175-180, 2016年3月.
資料番号 RCS2015-362 
発行日 2016-02-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2015-362

研究会情報
研究会 RCS CCS SR SRW  
開催期間 2016-03-02 - 2016-03-04 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-03-RCS-CCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ARIB STD T-103規格VHFブロードバンド移動通信システムの実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental evaluation of ARIB STD-T103 VHF broadband mobile communication systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動通信 / Mobile communication  
キーワード(2)(和/英) ブロードバンド / Broadband  
キーワード(3)(和/英) VHF帯 / VHF band  
キーワード(4)(和/英) ARIB STD-T103 / ARIB STD-T103  
キーワード(5)(和/英) ダイナミックスペクトラムアクセス / Dynamic spectrum access  
キーワード(6)(和/英) 実機評価 / Lab experiments  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 仁宣 / Kiminobu Makino / マキノ キミノブ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto university (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 圭一 / Keiichi Mizutani / ミズタニ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto university (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto university (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-03-03 09:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2015-362 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.175-180 
ページ数
発行日 2016-02-24 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会