お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-05 14:45
視覚障碍者歩行案内のためのBLEビーコン指向特性の改善
佐々木和志中澤 匠新潟大)・若月大輔小林 真筑波技大)・西森健太郎牧野秀夫新潟大WIT2015-107
抄録 (和) 屋内における歩行案内の精度向上を目的に,BLEビーコンを用いた測位手法及び指向特性の改善方法について検討した.基本的には,スマートフォンなどの受信端末で電界強度を計測し,ビーコンから受信端末までの距離を推定する.しかし,ビーコンから送信される電波は障害物による反射や散乱などの影響を大きく受けるため,それらが測位計測時の誤差要因となる.そこで,本報告ではBLEビーコンを使用する際の測位誤差減少を目的に,ビーコンのまわりに電波吸収材や反射材(アルミ)を用いて送信電波の指向特性改善を行う.実験では,電波暗室内と一般の建物(研究室)内で電波強度の計測を行った.その結果,反射材を用いた場合では,前後受信電力比率(FB比)が最大で約18.6dBとなった.また,吸収材と反射材を併用したビーコンを音声案内時の位置検出に応用した.その結果,吸収材を用いた場合,適合率が97.0%となり弁別能力が改善されることを確認した. 
(英) The present work examines directional applications of BLE beacons, and an indoor BLE beacon-based guidance system that holds the promise of truly accurate geographical positioning. At first, RSSI (Received Signal Strength Indication) is measured in smartphones, and the distance between the beacon and smartphone is estimated, based on its strength. Regarding signal strength, the degree of positioning error depends on the circumstances resulting from microwave reflection, or scattering. To eliminate this interference, we covered the BLE beacon with micro wave-absorbing and reflecting materials (carbon sponge and aluminum foil), to form a directional radio transmission pattern. In our experiments, we measured RSSI of the beacon from 8 distinct directions, both in a radio anechoic chamber and the laboratory. We determined that the Front-back ratio measured a maximum 18.6dB, when the beacon was covered by the aluminum foil. Moreover, we tested the speech-guidance function using two beacons. As a result, it was confirmed that beacons were easily distinguishable from one another, when they were positioned on corridor walls at 3m. intervals.
キーワード (和) BLE / 電界強度 / 指向性 / 音声案内 / / / /  
(英) BLE / RSSI / Directivity / Speech guidance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 491, WIT2015-107, pp. 107-112, 2016年3月.
資料番号 WIT2015-107 
発行日 2016-02-26 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2015-107

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2016-03-04 - 2016-03-05 
開催地(和) 筑波技術大学春日キャンパス(つくば) 
開催地(英) Tusukuba Univ. of Tech.(Tsukuba) 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英) Hearing / Visually impaired person support technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2016-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚障碍者歩行案内のためのBLEビーコン指向特性の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) BLE beacons' directional application improvement to guidance systems for the visually impaired 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BLE / BLE  
キーワード(2)(和/英) 電界強度 / RSSI  
キーワード(3)(和/英) 指向性 / Directivity  
キーワード(4)(和/英) 音声案内 / Speech guidance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 和志 / Kazushi Sasaki / ササキ カズシ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 匠 / Takumi Nakazawa / ナカザワ タクミ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若月 大輔 / Daisuke Wakatsuki / ワカツキ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 真 / Makoto Kobayashi / コバヤシ マコト
第4著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 秀夫 / Hideo Makino / マキノ ヒデオ
第6著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-03-05 14:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WIT 
資料番号 WIT2015-107 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.491 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数
発行日 2016-02-26 (WIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会