お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-10 09:50
シナリオ部品の統合化とシナリオ作成支援
高木庫平・○大西 淳立命館大SS2015-78
抄録 (和) シナリオを用いてシステムの要求獲得を行う場合,多くのシナリオが必要となる.シナリオの品質と生産性を向上させるため,シナリオを部品化し, 部品化されたシナリオ(シナリオ部品)を組合せてシナリオを生成する手法を紹介する.既存のシナリオから「認証」や「購入」といった業務ごとにイベント文列を抜き出し,名詞の抽象化によって,シナリオ部品を作成する.作成したシナリオ部品はデータベースに格納される.本稿では,シナリオ部品の管理と検索を容易にするための類似したシナリオ部品の統合化手法について述べる.また,業務を選択することによって,部品データベースから適切なシナリオ部品を取り出し,組合せ,抽象名詞を具体化することにより,新規シナリオを生成する手法について述べる. 
(英) In scenario based software requirements elicitation, a lot of scenarios should be written. We propose a scenario generation method using scenario parts in order to improve both the quality and the productivity of scenarios. We provide scenario parts by (a) deriving scenario parts of each unit of processes, such as user authentication, payment of goods from existing scenarios and by (b) substituting abstract nouns for concrete nouns in the derived scenario parts. These scenario parts will be stored into a scenario parts data base. We can integrate similar scenario parts into an integrated scenario part in order to easily manage and retrieve scenario parts. We can generate a new scenario by retrieving scenario parts with selected processes, by combining retrieved scenarios, and by substituting concrete nouns for abstract nouns. Both the integration method of scenario parts and the generation method of scenarios using integrated parts will be illustrated with an example.
キーワード (和) シナリオの部品化 / シナリオ部品の統合 / シナリオの生成 / シナリオの再利用 / 要求獲得 / / /  
(英) Scenario parts / Integrated scenario parts / Scenario generation / Reuse of scenario / Requirements elicitation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 508, SS2015-78, pp. 13-18, 2016年3月.
資料番号 SS2015-78 
発行日 2016-03-03 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2015-78

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2016-03-10 - 2016-03-11 
開催地(和) 沖縄県立宮古青少年の家 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2016-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シナリオ部品の統合化とシナリオ作成支援 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A supporting method of specifying scenarios using integrated scenario parts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シナリオの部品化 / Scenario parts  
キーワード(2)(和/英) シナリオ部品の統合 / Integrated scenario parts  
キーワード(3)(和/英) シナリオの生成 / Scenario generation  
キーワード(4)(和/英) シナリオの再利用 / Reuse of scenario  
キーワード(5)(和/英) 要求獲得 / Requirements elicitation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 庫平 / Kohei Takagi / タカギ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan U.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 淳 / Atsushi Ohnishi / オオニシ アツシ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan U.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第2著者 
発表日時 2016-03-10 09:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SS 
資料番号 SS2015-78 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.508 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数
発行日 2016-03-03 (SS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会