お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-10 11:05
OFDMシステムにおける副情報を用いない反復型PTSに基づくPAPR低減の検討
吉田萌子宮嶋照行茨城大IT2015-106 ISEC2015-65 WBS2015-89
抄録 (和) 本稿では,OFDMにおける新しいPAPR低減法と副情報を用いない復調方法を提案する.PAPR低減にはPTS(Partial Transmit Sequences)を利用し,位相係数を送信信号の無限大ノルムを最小化する反復アルゴリズムによって求める.さらに,復調で位相を一意に定められるように,位相の取り得る範囲を制限する.受信機では,副情報を用いずに等化器出力シンボルと取り得るシンボル候補との位相差から位相を推定する.シミュレーションにより,従来法より優れたPAPR低減特性が得られることを示す.また,制限する位相の範囲のBER特性への影響を確認する. 
(英) This paper proposes both a new PAPR reduction scheme for OFDM and demodulation method without side information. PAPR is reduced by PTS(Partial Transmit Sequences) whose phase coefficients are determined by iterative algorithm which minimizes infinity-norm of a transmitted signal. to uniquely determined phase coefficients for demodulation, its range is restricted. In the receiver, the phase coefficients are estimated by phase difference between equalizer output symbol and a candidate symbol. Simulation results show that the proposed scheme provides better PAPR performance than a conventional scheme. Moreover, the impact of limited phase on BER performance is evaluated.
キーワード (和) OFDM / PAPR / PTS / 反復アルゴリズム / ブラインド推定 / / /  
(英) OFDM / PAPR / PTS / Iterative Algorithm / Blind Estimation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 502, WBS2015-89, pp. 31-36, 2016年3月.
資料番号 WBS2015-89 
発行日 2016-03-03 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2015-106 ISEC2015-65 WBS2015-89

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2016-03-10 - 2016-03-11 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) The University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2016-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDMシステムにおける副情報を用いない反復型PTSに基づくPAPR低減の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on PAPR Reduction based on Iterative PTS without Side Information in OFDM Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(3)(和/英) PTS / PTS  
キーワード(4)(和/英) 反復アルゴリズム / Iterative Algorithm  
キーワード(5)(和/英) ブラインド推定 / Blind Estimation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 萌子 / Moeko Yoshida / ヨシダ モエコ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮嶋 照行 / Teruyuki Miyajima / ミヤジマ テルユキ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-03-10 11:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IT2015-106, ISEC2015-65, WBS2015-89 
巻番号(vol) vol.115 
号番号(no) no.500(IT), no.501(ISEC), no.502(WBS) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数
発行日 2016-03-03 (IT, ISEC, WBS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会