お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-05-20 13:25
Frequency selective surfaceを利用した電磁波吸収体の作製と評価
吉田隆彦久保田 匠吉門進三同志社大MW2016-22 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-22
抄録 (和) 表面にFrequency Selective Surfaceとして機能する周期的に配列された導体パターン層,吸収層,後面の反射層で構成された電磁波吸収体 (パターン吸収体) の電磁波吸収メカニズムが調べられた.導体パターンは,その周期性により吸収層内に形成される電気壁と磁気壁からなる共振器の共振周波数が吸収される電磁波の周波数に調整されたサイズを有している。導体パターンの形状,配置,占有面積比率,吸収層の損失の設計因子により共振周波数となる吸収中心周波数や電磁波吸収性能を制御できることが示された。パターンサイズと吸収中心周波数の間にスケール則が成り立ち,これを用いて優れた吸収特性を有するミリ波帯用電磁波吸収体が製作され評価された。 
(英) The electromagnetic wave absorption mechanism of electromagnetic wave absorbers which consisted of periodically arranged conductor pattern layer which operates as frequency selective surface, an absorption layer, and a short circuit layer on the back (pattern absorber) was investigated. The conductor pattern has the size adjusted so that the resonant frequency of resonator, which consists of both the electric and magnetic wall formed in the absorption layer, is the same as that of adsorbed electromagnetic wave. It was confirmed that both the absorption center frequency and the absorbing characteristics could be controlled by the design factors, such as the shape, the arrangement, the occupied area ratio of a conductor pattern, and the loss of absorption layer. The scaling law was found between pattern size and absorption center frequency, and the electromagnetic wave absorbers for millimeter wave band with the excellent absorbing characteristics were fabricated and evaluated using the scaling law.
キーワード (和) 電磁波吸収体 / 周波数選択表面 / パターン吸収体 / 磁性体層 / 誘電体層 / リターンロス / /  
(英) Electromagnetic Wave Absorber / Conductor Patterns / Frequency Selective Surface / Return Loss / Scaling Law / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 51, MW2016-22, pp. 61-66, 2016年5月.
資料番号 MW2016-22 
発行日 2016-05-12 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2016-22 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-22

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2016-05-19 - 2016-05-20 
開催地(和) 京都大学 宇治キャンパス 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-05-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Frequency selective surfaceを利用した電磁波吸収体の作製と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fabrication and Evaluation of Electromagnetic Wave Absorber using Frequency Selective Surface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電磁波吸収体 / Electromagnetic Wave Absorber  
キーワード(2)(和/英) 周波数選択表面 / Conductor Patterns  
キーワード(3)(和/英) パターン吸収体 / Frequency Selective Surface  
キーワード(4)(和/英) 磁性体層 / Return Loss  
キーワード(5)(和/英) 誘電体層 / Scaling Law  
キーワード(6)(和/英) リターンロス /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 隆彦 / Takahiko Yoshida / ヨシダ タカヒコ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisya University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 匠 / Takumi Kubota / クボタ タクミ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisya University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉門 進三 / Shinzo Yoshikado / ヨシカド シンゾウ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisya University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-05-20 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MW 
資料番号 MW2016-22 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.51 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数
発行日 2016-05-12 (MW) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会