お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-06-16 10:45
ユーザの社会的行動を利用したDTNシステムの性能評価
三賀本直也宇都宮陽一田 学軍奥田隆史愛知県立大IN2016-18
抄録 (和) DTN とは,通信インフラが使用不可能となった環境でも通信サービスを提供することができるネットワーク技術であり,近年,モバイル端末を所持するユーザによってメッセージを中継するDTN システムが注目を集めている.このDTN システムはモバイル端末を所持するユーザの物理的な移動と,モバイル端末の無線通信機能によってメッセージを中継させる.しかしながら,モバイル端末を所持するユーザの社会的行動によって,ユーザ同士の通信は拒否され,DTN システムの性能に影響が出る.ここで,社会的行動とは,モバイル端末のバッテリー量,ストレージ量の減少や,通信に対する危険性を考慮して,要求された通信を拒否するユーザの行動のことである.そこで本研究では,社会的行動を考慮したDTN システムをモデル化し,システムのメッセージ伝送率とメッセージ伝送時間を評価する. 
(英) Delay Tolerant Networking (DTN) system provides communication services under the challenging network condition where a communications infrastructure became unusable. In recent years, DTN systems which forward a message by mobile phone users, has attracted attention. In this DTN systems, mobile phone users forward a messages by combining users' physical movement and mobile phone's wireless network technologies. However, mobile phone users' social behavior denial users' communicate and influences the performance of DTN. Now, social behavior is mobile phone users' behavior that denial required communication with other users in order to save own storage/power resources or avoid risk of communications. In this study, we model the DTN system considering users' social behavior, and evaluate the message delivery time and message delivery rate of the system.
キーワード (和) 遅延耐性ネットワーク(DTN) / 蓄積運搬型通信 / 無線通信 / 社会的行動 / / / /  
(英) Delay and Disruption Tolerant Network (DTN) / Store-Carry-Forward Routing Schemes / Wireless Communication / Social Behavior / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 97, IN2016-18, pp. 1-6, 2016年6月.
資料番号 IN2016-18 
発行日 2016-06-09 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-18

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2016-06-16 - 2016-06-17 
開催地(和) 静岡大学(浜松) 
開催地(英) Shizuoka Univ. (Hamamatsu) 
テーマ(和) ホームネットワーク、グリーン・省電力ICT、スマートグリッド、省エネルギー、障害対策・BCP、データ分析・処理基盤、ビッグデータ及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-06-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユーザの社会的行動を利用したDTNシステムの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of DTN Using Users' Social Behavior 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遅延耐性ネットワーク(DTN) / Delay and Disruption Tolerant Network (DTN)  
キーワード(2)(和/英) 蓄積運搬型通信 / Store-Carry-Forward Routing Schemes  
キーワード(3)(和/英) 無線通信 / Wireless Communication  
キーワード(4)(和/英) 社会的行動 / Social Behavior  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三賀本 直也 / Naoya Mikamoto / ミカモト ナオヤ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pre Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇都宮 陽一 / Yoichi Utsunomiya / ウツノミヤ ヨウイチ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pre Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田 学軍 / Tian Xuejun /
第3著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pre Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥田 隆史 / Takashi Okuda / オクダ タカシ
第4著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pre Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-06-16 10:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IN 
資料番号 IN2016-18 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.97 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2016-06-09 (IN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会