お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-21 10:50
[ポスター講演][Poster Presentation] Throughput Measurements for Access-Point Setup Optimization in IEEE802.11n Wireless Networks
Kyaw Soe LwinNobuo FunabikiKhin Khin ZawMd. Selim Al MamunMinoru KuribayashiOkayama Univ.RCC2016-21 NS2016-55 RCS2016-108 SR2016-38 ASN2016-29
抄録 (和) Recently, IEEE802.11n access points (APs) have become common for wireless local-area networks (WLANs). However, by adopting multiple input multiple output (MIMO) technology for high-speed data transmissions using multiple antennas, the performance of an 802.11n AP can be significantly affected by its setup condition. In this paper, we conducted throughput measurements under various setup conditions of an 802.11n AP including different placement heights, orientations, and positions in a network field. The results show that the throughput is strongly affected by the setup condition, and the best setup condition is different depending on the network field. In addition, we examined the throughput estimation model to find the bottleneck host in the network field so that the AP setup condition can be optimized by maximizing the throughput of the bottleneck host by actually measuring it. 
(英) Recently, IEEE802.11n access points (APs) have become common for wireless local-area networks (WLANs). However, by adopting multiple input multiple output (MIMO) technology for high-speed data transmissions using multiple antennas, the performance of an 802.11n AP can be significantly affected by its setup condition. In this paper, we conducted throughput measurements under various setup conditions of an 802.11n AP including different placement heights, orientations, and positions in a network field. The results show that the throughput is strongly affected by the setup condition, and the best setup condition is different depending on the network field. In addition, we examined the throughput estimation model to find the bottleneck host in the network field so that the AP setup condition can be optimized by maximizing the throughput of the bottleneck host by actually measuring it.
キーワード (和) Wireless local area network / access-point setup / MIMO / IEEE 802.11n / throughput measurement / / /  
(英) Wireless local area network / access-point setup / MIMO / IEEE 802.11n / throughput measurement / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 146, NS2016-55, pp. 27-32, 2016年7月.
資料番号 NS2016-55 
発行日 2016-07-13 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2016-21 NS2016-55 RCS2016-108 SR2016-38 ASN2016-29

研究会情報
研究会 RCS RCC ASN NS SR  
開催期間 2016-07-20 - 2016-07-22 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D (Device-to-Device),etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-07-RCS-RCC-ASN-NS-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) [Poster Presentation] Throughput Measurements for Access-Point Setup Optimization in IEEE802.11n Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Wireless local area network / Wireless local area network  
キーワード(2)(和/英) access-point setup / access-point setup  
キーワード(3)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(4)(和/英) IEEE 802.11n / IEEE 802.11n  
キーワード(5)(和/英) throughput measurement / throughput measurement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Kyaw Soe Lwin / Kyaw Soe Lwin /
第1著者 所属(和/英) Okayama University (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Nobuo Funabiki / Nobuo Funabiki /
第2著者 所属(和/英) Okayama University (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Khin Khin Zaw / Khin Khin Zaw /
第3著者 所属(和/英) Okayama University (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Md. Selim Al Mamun / Md. Selim Al Mamun /
第4著者 所属(和/英) Okayama University (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Minoru Kuribayashi / Minoru Kuribayashi /
第5著者 所属(和/英) Okayama University (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-07-21 10:50:00 
発表時間 90分 
申込先研究会 NS 
資料番号 RCC2016-21, NS2016-55, RCS2016-108, SR2016-38, ASN2016-29 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.145(RCC), no.146(NS), no.147(RCS), no.148(SR), no.149(ASN) 
ページ範囲 pp.45-50(RCC), pp.27-32(NS), pp.75-80(RCS), pp.45-50(SR), pp.27-32(ASN) 
ページ数
発行日 2016-07-13 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会