お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-29 11:05
線形計画法による復号が可能な多重置換符号の構成
伊藤大輔和田山 正名工大IT2016-31
抄録 (和) 本研究では,線形計画法による復号が可能な多重置換符号の構成法を提案する.
本稿で提案する符号は,1つの線形制約により定義される多重置換符号であり、線形計画復号可能である.
線形計画復号は,最尤復号の近似を行う復号法である.
提案符号の符号語は,符号語とベクトル$(1,2,ldots,n)$の内積がすべて等しくなる制約が加えられている.
加えられた線形制約式より,提案符号の最小ハミング距離は少なくとも3であることが証明された.
また,提案する符号の符号法について,グループ分けによる符号化アルゴリズムを提案する.
提案符号化アルゴリズムでは,各符号語に対して情報を割り当てるのではなく,
提案符号の上位集合である多重置換ベクトル集合のベクトルを互いに排反なグループに分割し,
各グループに対して情報を割り当てる.
実効符号化レートを符号レートより下げることにより,符号化計算量の削減を行った.
最後に計算機実験により復号性能を評価する.
提案符号の線形復号と多重置換ベクトルの最尤復号を比較すると,
ブロック誤り率が$10^{-3}$のところで$2$dBの改善が見られた. 
(英) In this paper, we propose a construction of linear programming (LP) decodable multipermutation codes.
The proposed codes are LP decodable that means we can perform soft-decoding by using LP.
The LP decoding is an approximation of the maximum likelihood (ML) decoding.
It is proved that the minimum Hamming distance of the proposed codes is at least 3.
In addition, we propose an encoding algorithm based on grouping of multipermutation vectors.
Finally, we study the decoding performances of the proposed codes via computer simulation.
Comparing the LP decoding of the proposed codes and ML decoding for multipermutation vector,
it is observed that an improvement of $2$ dB is attained where block error rate is $10^{-3}$.
キーワード (和) 多重置換符号 / 線形計画復号可能 / / / / / /  
(英) Multipermutation Codes / LP Decodable / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 163, IT2016-31, pp. 57-62, 2016年7月.
資料番号 IT2016-31 
発行日 2016-07-21 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2016-31

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2016-07-28 - 2016-07-29 
開催地(和) 福岡大学セミナーハウス 
開催地(英) Seminar House, Fukuoka Univ. 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2016-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 線形計画法による復号が可能な多重置換符号の構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of LP Decodable Multipermutation Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多重置換符号 / Multipermutation Codes  
キーワード(2)(和/英) 線形計画復号可能 / LP Decodable  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 大輔 / Daisuke Ito / イトウ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田山 正 / Tadashi Wadayama / ワダヤマ タダシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-07-29 11:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IT 
資料番号 IT2016-31 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.163 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数
発行日 2016-07-21 (IT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会