お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-23 14:20
リスクアセスメントに関する考察 ~ 新版ISO/IEC GUIDE 51を機に考える ~
福田隆文長岡技科大SSS2016-16
抄録 (和) ISO規格、IEC規格における安全のあり方を規定しているISO/IEC Guide 51が改訂になった。概ね過去の内容を踏襲し、消費者政策を扱う部門の要請に応え、用語の追加などを行い、理解しやすくしたとされている。一方、基本安全規格で規定するべきことがこのガイドに書き加えられたとの見方もできる。そこで、安全の定義の変遷、今回の主な変更点をまとめ、次に許容可能なリスクと受容可能なリスクの関係を検討した。また、ガイドと基本安全規格の関係を考えてみた。これらの点に加えて、この改訂を機にリスクアセスメントと保護方策の関係をまとめてみた。 
(英) The ISO/IEC Guide 51, which shows the guidelines for the inclusion on safety issues into ISO and IEC standards, is the was revised. The new edition mainly followed the previous version and added some new terminologies according to the COPOLCO request. As the result, it was made clearly and understandable. However, the author considered some aspects which have better to be described in the basic safety standards. Therefore, the change of the definition on safety, main point of this revision are summarized. The relationship of tolerable risk and acceptable risk, and the relationship of guide and basic safety standards are considered. Adding to these points, some topics on safety are discussed in this article.
キーワード (和) ISO/IEC Guide51 / 安全の定義 / 許容可能なリスク / リスクアセスメント / 基本安全規格 / / /  
(英) ISO/IEC Guide 51 / Definition of safety / Tolerable risk level / risk assessment / basic safety standard / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 188, SSS2016-16, pp. 13-16, 2016年8月.
資料番号 SSS2016-16 
発行日 2016-08-16 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SSS2016-16

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2016-08-23 - 2016-08-23 
開催地(和) キャンパスプラザ京都 
開催地(英)  
テーマ(和) 安全性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2016-08-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リスクアセスメントに関する考察 
サブタイトル(和) 新版ISO/IEC GUIDE 51を機に考える 
タイトル(英) Consideration on Risk Assessment 
サブタイトル(英) at the Publication of ISO/IEC Guide 51:2014 
キーワード(1)(和/英) ISO/IEC Guide51 / ISO/IEC Guide 51  
キーワード(2)(和/英) 安全の定義 / Definition of safety  
キーワード(3)(和/英) 許容可能なリスク / Tolerable risk level  
キーワード(4)(和/英) リスクアセスメント / risk assessment  
キーワード(5)(和/英) 基本安全規格 / basic safety standard  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 隆文 / Takabumi Fukuda / フクダ タカブミ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: NUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-08-23 14:20:00 
発表時間 40分 
申込先研究会 SSS 
資料番号 SSS2016-16 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.188 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数
発行日 2016-08-16 (SSS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会