お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-20 13:00
オープンサイエンスの動向と情報学分野へのインパクト
北本朝展NIIPRMU2016-90
抄録 (和) 「オープンサイエンス」は,サイエンスをよりオープンにすることを目的とする,多様な運動を束ねた概念である.しかしオープンなサイエンスに関わるステークホルダーが多様であるため,それを実現するまでの道筋は複雑となる.また,これまでのクローズドな学術研究文化の変革を促すことにもつながるため,研究者に対するインセンティブをうまく設計しないと,望ましくない方向に進んでしまう危険性もある.そこで本論文は,オープンサイエンスの意義をいくつかのキーワードで論じ,PRMU分野における実例などを紹介する. 
(英) "Open Science" is a concept that bundles various movement on science to make it more open. The diversity of stakeholders involved in open science leads to high complexity of the road to open science. In addition, open science tends to ask for the revolution of the current culture of “closed” research, hence there is risk of moving toward undesirable direction without careful consideration of incentives to scientists. This paper discusses some keywords to discuss the value of open science, and introduces some of the examples in the field of PRMU.
キーワード (和) オープンサイエンス / オープンデータ / 市民科学 / 超学際研究 / データ論文 / データ引用 / /  
(英) Open Science / Open Data / Citizen Science / Transdisciplinary Research / Data Paper / Data Citation / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 259, PRMU2016-90, pp. 1-6, 2016年10月.
資料番号 PRMU2016-90 
発行日 2016-10-13 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2016-90

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) 宮崎大学 
開催地(英)  
テーマ(和) オープンサイエンス~研究資源と研究体制のオープン化~ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2016-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オープンサイエンスの動向と情報学分野へのインパクト 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Recent Trend in Open Science and its Impact on the Informatics Discipline 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オープンサイエンス / Open Science  
キーワード(2)(和/英) オープンデータ / Open Data  
キーワード(3)(和/英) 市民科学 / Citizen Science  
キーワード(4)(和/英) 超学際研究 / Transdisciplinary Research  
キーワード(5)(和/英) データ論文 / Data Paper  
キーワード(6)(和/英) データ引用 / Data Citation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北本 朝展 / Asanobu Kitamoto /
第1著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2016-10-20 13:00:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 PRMU2016-90 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.259 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2016-10-13 (PRMU) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会