お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-12-21 09:30
アキュームレータを用いたブラックリスト型匿名認証システムの改良
愛甲 悠中西 透広島大ISEC2016-70 COMP2016-31
抄録 (和) 現在利用されているIDベースのユーザ認証では、サービス提供者(SP)にユーザの利用履歴が蓄積しプライバシー問題が発生しうる。その解決策としてグループ署名などの暗号技術を用いた匿名認証が提案されているが、グループ署名では信頼できる第3 者機関(TTP)を利用して不正者を追跡することにより正規ユーザも追跡可能となるため、プライバシーが高いとは言えない。そこで、TTPに依存しないブラックリストを用いた匿名認証が従来提案されている。しかし従来方式では、全ての正当なセッションIDにより定義されるホワイトリストのサイズに依存した認証時間を必要とするため、ホワイトリストのサイズが大きくなると、認証時間が増加してしまう問題がある。
そこで本研究では、利用するアキュームレータをホワイトリストからブラックリストに適応させることにより、認証時間を軽減した方式を提案する。また、PC上で実装して提案方式の有効性を示す。さらに、公開情報であるセッションIDをリセットすることで再利用する拡張法も示す。 
(英) In current ID-based user authentication schemes, privacy issues may occur, since users’ behavior histories are collected in Service Providers (SPs). Although anonymous authentications such as group signatures have been proposed, these schemes rely on a Trusted Third Party (TTP) capable of tracing misbehaving users. Thus,the privacy is not high, because TTP can allways trace users. Therefore, the anonymous authentication using a
blacklist without TTP has been proposed. However, since the computation time required for the authentication depends on the size of the whitelist with non-blacklisted session IDs , the authentication time is increased as the
whitelist size become bigger. In this paper, we propose a new scheme that reduces authentication time by adapting the accumulator from the whitelist to the blacklist.
Then, we show the effectiveness of the proposed scheme by implementing it on a PC. Moreover, we show an extension to reuse the session IDs by reseting the IDs of public information.
キーワード (和) 匿名認証 / ブラックリスト / アキュームレータ / / / / /  
(英) Anonymous authentication / Blacklist / Accumulator / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 380, ISEC2016-70, pp. 1-7, 2016年12月.
資料番号 ISEC2016-70 
発行日 2016-12-14 (ISEC, COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2016-70 COMP2016-31

研究会情報
研究会 COMP ISEC  
開催期間 2016-12-21 - 2016-12-22 
開催地(和) 広島大学 東広島キャンパス 法人本部棟4階会議室 
開催地(英) Hiroshima University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2016-12-COMP-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アキュームレータを用いたブラックリスト型匿名認証システムの改良 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvements of Blacklistable Anonymous Credential System Using Accumulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 匿名認証 / Anonymous authentication  
キーワード(2)(和/英) ブラックリスト / Blacklist  
キーワード(3)(和/英) アキュームレータ / Accumulator  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 愛甲 悠 / Yuu Aikou / アイコウ ユウ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 透 / Toru Nakanishi /
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-12-21 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 ISEC2016-70, COMP2016-31 
巻番号(vol) 116 
号番号(no) no.380(ISEC), no.381(COMP) 
ページ範囲 pp.1-7 
ページ数
発行日 2016-12-14 (ISEC, COMP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会