お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 10:55
腕装着型センサを用いた活動中の熱中症予防アプリケーションの一検討
濱谷尚志内山 彰東野輝夫阪大MoNA2016-37
抄録 (和) 本研究ではスマートウォッチなどの腕装着型デバイスを用いた熱中症予防アプリケーションを提案する.
提案法ではデバイス内蔵のセンサから得られる生体情報に基づき生体温熱モデルによる深部体温シミュレーションを行い,装着者の深部体温を推定する.
100時間以上のデータセットに基づき深部体温がある閾値を超えた際に警告を発する方式を検討した結果,高温状態を再現率0.7以上で検知可能であり,さらに検知時間のずれを6分許容する場合には再現率が0.9を超えることを確認した. 
(英) In this paper, we propose a novel application for preventing heatstroke.
The application estimates subject's core temperature based on integrative use of sensor measurement and Gagge's two-node model.
Based on estimated core temperature, the application detects high core temperature and occurs notification for user.
We discussed the basic idea of our algorithm and confirmed that our prototype system can detect hyperthermia with over 0.72 recall.
キーワード (和) ウェアラブルセンサ / 熱中症予防 / 深部体温 / / / / /  
(英) Wearable Sensor / Heatstroke Prevention / Core Temperature / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 406, MoNA2016-37, pp. 35-40, 2017年1月.
資料番号 MoNA2016-37 
発行日 2017-01-12 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2016-37

研究会情報
研究会 ASN MoNA MICT  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 別府 花菱ホテル 
開催地(英)  
テーマ(和) 知的環境, 医療・健康・スポーツのための技術, スマートシティとモバイル通信, 技術展示および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2017-01-ASN-MoNA-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 腕装着型センサを用いた活動中の熱中症予防アプリケーションの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on a Practical Heatstroke Prevention Using Wrist-worn Devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ウェアラブルセンサ / Wearable Sensor  
キーワード(2)(和/英) 熱中症予防 / Heatstroke Prevention  
キーワード(3)(和/英) 深部体温 / Core Temperature  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱谷 尚志 / Takashi Hamatani / ハマタニ タカシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内山 彰 / Akira Uchiyama / ウチヤマ アキラ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 輝夫 / Teruo Higashino / ヒガシノ テルオ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-01-20 10:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 MoNA2016-37 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数
発行日 2017-01-12 (MoNA) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会