お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-27 11:05
LoRa通信を活用した豪雨災害に対処する降雨センサーシステムの開発と評価
Le Hong Quan長岡技科大)・星 立人金井度量衡)・山本 寛立命館大)・山崎克之長岡技科大IA2016-79
抄録 (和) 山間部が領土の7割を占める日本では、豪雨による土砂災害が多発し、住民へ深刻な被害を与えている.効果的に災害を対処するためには複数の場所から情報を集めることが重要であるが、山間地域での通信が課題である.本研究では、ノイズに強い420MHz帯LoRaを活用し、豪雨災害に対処する雨量観測システムを提案する.評価実験により、420MHz帯LoRaが山に遮断された3.5kmの距離でP2Pの通信ができ、山間部での通信に有効であることを明らかにした.本システムでは、山奥の場所に雨量・水位を測定し、Web Camで現状の写真を撮り、420MHz帯LoRaを介してインターネットの接続可能な場所へ送信する.また、地盤に染み込んだ水分を考慮する雨量指標を導入することにより、土砂災害の危険度を迅速に把握できる.また、パケットロス耐性を向上するパケット順次再送信方式も提案し、LoRaの低速な通信でも9KBの画像を安定に送信できた. 
(英) In mountainous country like Japan, sand-and-stone avalanches caused by torrential or prolonged rainfall often result in a heavy damage to people and residents in surrounding area. Data need to be collected from a large area in order to effectively forecast disasters. However, due to high mountains and deep forests, data transmission is very limited. In this study, we propose a rainfall monitoring system utilizing 420MHz LoRa. Rainfall, water level measured at mountain areas is transmitted through 420MHz LoRa to a server. The evaluation results clarified that 420MHz LoRa are capable of transmitting through 47.5km line-of-sight distance and 3.5km non-line-of-sight distance. We also implement a packet sequential retransmission method to increase system resistance to noise.
キーワード (和) 雨量測定 / 土砂災害 / 豪雨災害 / 420MHz / 雨量指標R' / / /  
(英) Rainfall measure / sand and stone avalances / 420MHz / Lora / rain index R' / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 434, IA2016-79, pp. 1-6, 2017年1月.
資料番号 IA2016-79 
発行日 2017-01-20 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2016-79

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2017-01-27 - 2017-01-27 
開催地(和) 機械振興会館 B3 研修2号室 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. B3 Kenshu-2 room 
テーマ(和) センサー ネットワーク, IoT, M2M, 一般 
テーマ(英) Senser Network, IoT, M2M, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2017-01-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LoRa通信を活用した豪雨災害に対処する降雨センサーシステムの開発と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a Rainfall Observation System utilizing 420MHz LoRa to deal with Heavy Rainfall Disaster 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 雨量測定 / Rainfall measure  
キーワード(2)(和/英) 土砂災害 / sand and stone avalances  
キーワード(3)(和/英) 豪雨災害 / 420MHz  
キーワード(4)(和/英) 420MHz / Lora  
キーワード(5)(和/英) 雨量指標R' / rain index R'  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Le Hong Quan / Hong Quan Le / レー ホンクアン
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 星 立人 / Tatsuhito Hoshi / ホシ タツヒト
第2著者 所属(和/英) 金井度量衡株式会社 (略称: 金井度量衡)
Kanai Doryoukou Co., Ltd. (略称: Kanai Doryoukou)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 寛 / Hiroshi Yamamoto / ヤマモト ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 克之 / Katsuyuki Yamazaki /
第4著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Technology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-01-27 11:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IA 
資料番号 IA2016-79 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.434 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2017-01-20 (IA) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会