お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-10 15:50
閉鎖空間内におけるキャビティ共振を用いた無線電力伝送方法に関する研究
高野一平古巣大吾渡邊耀介田村昌也豊橋技科大WPT2016-62
抄録 (和) 本報告では,空洞共振器方式無線電力伝送の散乱体を含む閉鎖空間内への適用について検討した.はじめに,試作した実験モデルが空洞共振器として動作することを確認した.次に,内部に散乱体を配置した実験モデルを用いて送電器の見通し内外に設置した受電器への最大電力伝送効率を計算し,見通し外位置でも30%以上の伝送効率が見込めることを確認した.これらの結果を元に複数位置に配置した受電器への給電方法について検討し,給電対象を時間的に切り替える時分割給電が適していることを明らかにした.最後に電力伝送実験を行い,バッテリレスセンサの駆動と無線通信の同時利用が行えることを確認した. 
(英) In this study, we investigate the Cavity Resonator wireless power transfer in an enclosed space with scatterers. First, we confirm that the constructed experimental model is working as a cavity resonator. Next, we calculate the maximum power transmission efficiency using a model which is placed inside the scatterers by installing a Rx at the line-of-sight and non-line-of-sight (NLOS) position in the Tx. As a result, the expected transmission efficiency of more than 30% in the NLOS position from Tx, is clarified. Then, we investigate the feeding method at several positions, and it is confirmed that Time Division Power Feeding is a appropriate method. Finally, we experiment with power transmission to drive a battery-less sensor in the experimental model. We confirm that simultaneous communication can be performed with driving of the battery-less sensor module by CR WPT.
キーワード (和) 無線電力伝送 / 空洞共振器 / 閉鎖空間 / ワイヤレスハーネス / NLOS / / /  
(英) wireless power transfer / cavity resonator / enclosed space / wireless harness / NLOS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 452, WPT2016-62, pp. 27-30, 2017年2月.
資料番号 WPT2016-62 
発行日 2017-02-03 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2016-62

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2017-02-10 - 2017-02-10 
開催地(和) YRPセンター1号館ホール 
開催地(英) YRP center, 1st Bldg. 
テーマ(和) 無線電力伝送技術最新動向と規格・一般 
テーマ(英) Standardization of Wireless Power Transfer, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2017-02-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 閉鎖空間内におけるキャビティ共振を用いた無線電力伝送方法に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cavity Resonator Wireless Power Transfer to Sensors in an Enclosed Space with Scatterers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / wireless power transfer  
キーワード(2)(和/英) 空洞共振器 / cavity resonator  
キーワード(3)(和/英) 閉鎖空間 / enclosed space  
キーワード(4)(和/英) ワイヤレスハーネス / wireless harness  
キーワード(5)(和/英) NLOS / NLOS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 一平 / Ippei Takano / タカノ イッペイ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古巣 大吾 / Daigo Furusu / フルス ダイゴ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 耀介 / Yosuke Watanabe / ワタナベ ヨウスケ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohaashi University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 昌也 / Masaya Tamura / タムラ マサヤ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-02-10 15:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WPT 
資料番号 WPT2016-62 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.452 
ページ範囲 pp.27-30 
ページ数
発行日 2017-02-03 (WPT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会