お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 10:10
モバイルエッジコンピューティングにおけるフロー要求に応じた帯域割当手法の提案
伊藤友輔古閑宏幸北九州市大)・飯田勝吉北大NS2016-175
抄録 (和) 現在,データセンタが提供するサービスをインターネットを介して利用するクラウドコンピューティングが注目されている.クラウドコンピューティングで,遅延に敏感なサービスの品質がデータセンタとユーザ間の通信距離に大きく影響を受ける.そこで,ユーザの近隣へエッジサーバを設置するモバイルエッジコンピューティング(MEC: Mobile Edge Computing)が提案されている.MECはデータセンタと比べて低遅延かつ高速なサービスを提供するため,様々な通信遅延が異なるフローが混在することになる.さらに,それらのフローは伝送レートに関して異なる要求を持つ.そこで,本研究では,通信遅延に依存することなく,フロー要求に応じたサービス品質を提供するために,MECで収集可能な情報に基づく帯域割当手法を提案し,その有効性を明らかにする. 
(英) Cloud computing has enabled users to enjoy various Internet services provided by data centers through a wide variety of access networks and communication terminals at anytime and anywhere. In cloud computing, the quality of latency-sensitive services depends on the distance between users and data centers. Therefore, mobile edge computing (MEC), which locates edge servers on access networks, has been proposed. It enables lower latency and higher-speed communication services than can be realized through computing solely through data centers. Various services in MEC, however, have different round-trip times (RTTs) and requirements. Therefore, the throughput of each flow will need to be controlled according to its requirements and independently of RTT. In this study, we propose a bandwidth allocation scheme based on collectable information to meet the requirements of each flow in MEC. We have confirmed the effectiveness of this approach through simulation evaluations.
キーワード (和) 帯域割当 / QoS / RTT公平性 / モバイルエッジコンピューティング / クラウドコンピューティング / / /  
(英) Bandwidth Allocation / QoS / RTT-fairness / Mobile Edge Computing / Cloud Computing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-175, pp. 105-110, 2017年3月.
資料番号 NS2016-175 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-175

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルエッジコンピューティングにおけるフロー要求に応じた帯域割当手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Bandwidth Allocation Scheme to Meet Flow Requirements in Mobile Edge Computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 帯域割当 / Bandwidth Allocation  
キーワード(2)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(3)(和/英) RTT公平性 / RTT-fairness  
キーワード(4)(和/英) モバイルエッジコンピューティング / Mobile Edge Computing  
キーワード(5)(和/英) クラウドコンピューティング / Cloud Computing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 友輔 / Yusuke Ito / イトウ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古閑 宏幸 / Hiroyuki Koga / コガ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 勝吉 / Katsuyoshi Iida / イイダ カツヨシ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-03-02 10:10:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2016-175 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数
発行日 2017-02-23 (NS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会