お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 10:20
地域防災対策のためのエージェント属性を導入した都市避難シミュレーションの構築
玉井拓之山﨑達也新潟大)・大和田泰伯服部聖彦NICTICTSSL2016-78
抄録 (和) 地域防災対策を促進するツールとして,避難シミュレーションが注目されている.避難シミュレーションでは避難者を自律的なエージェントとして表現するマルチエージェントシステムが広く用いられるが,避難者の多い都市部を対象とした避難シミュレーションでは,エージェントモデルが均質と仮定される場合が多い.本稿では,多様な避難者を表現し,より現実に即した行動の再現を可能とするために,エージェントに属性を導入する.また他のエージェントを認知する機能をエージェント自身に持たせることで,エージェント間の相互の行動を誘発する.エージェントの属性としては,災害時の主な犠牲者として近年対策の急がれている高齢者を導入する.このようなモデルを構築し,実際の都市を対象に提案モデルによる避難シミュレーションを実施することで,エージェント間の相互の行動が避難行動に与える影響を評価すると共に,構築したモデルの地域防災への適用可能性を示す. 
(英) Evacuation simulation has attracted attention as a tool to promote regional disaster prevention measures. Among many evacuation simulations, a multi-agent system regarding evacuees as autonomous agents is often used. However, in the evacuation simulations targeting urban areas with abundant evacuees, the agent model is usually assumed to be homogeneous. In this paper, we introduce agent attributes to express diverse characteristics of evacuees and to reproduce behaviors better suited to reality. Also, by providing the agent with a function to recognize other agents, mutual action among the agents is induced. In the conducted simulations, we introduce elderly people as an attribute of the agent, because they are assumed to become main victims in a case of disaster and to require preferential supportive measures. Moreover, we evaluate effects of the mutual action among agents on the evacuation behavior by carrying out urban evacuation simulations. Finally, we show applicability of the constructed model to regional disaster prevention.
キーワード (和) 避難シミュレーション / マルチエージェントシステム / エージェント属性 / 津波 / / / /  
(英) Evacuation Simulation / Multi-Agent / Attribute / Tsunami / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 483, ICTSSL2016-78, pp. 43-48, 2017年3月.
資料番号 ICTSSL2016-78 
発行日 2017-02-23 (ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICTSSL2016-78

研究会情報
研究会 ICTSSL  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2017-03-ICTSSL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地域防災対策のためのエージェント属性を導入した都市避難シミュレーションの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of Urban Evacuation Simulation Incorporating Agent Attributes for Regional Disaster Prevention 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 避難シミュレーション / Evacuation Simulation  
キーワード(2)(和/英) マルチエージェントシステム / Multi-Agent  
キーワード(3)(和/英) エージェント属性 / Attribute  
キーワード(4)(和/英) 津波 / Tsunami  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉井 拓之 / Hiroyuki Tamai / タマイ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山﨑 達也 / Tatsuya Yamazaki / ヤマザキ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 聖彦 / Kiyohiko Hattori / ハットリ キヨヒコ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-03-03 10:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 ICTSSL2016-78 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数
発行日 2017-02-23 (ICTSSL) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会