お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 09:50
TDD下りリンクにおける大規模マルチユーザMassive MIMOの屋外伝送実験評価
齋藤祐也ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・王 新侯 暁林蒋 恵玲ドコモ北京研)・Lei LuBojie LiWenliang LiangLiang Guファーウェイ・テクノロジーズ)・崔 洋鹿島 毅ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパンRCS2016-323
抄録 (和) 現在,第5世代移動通信システム(5G)の実現に向けた研究開発が活発化しており,特に超多素子アンテナを活用するMassive MIMOに関して様々な研究報告がなされている[1-4].筆者らはこれまでに,TDD Massive MIMOの伝送実験装置を試作し,シングルユーザ(SU:Single User)及びマルチユーザ(MU:Multi-User) MIMOにおける屋外伝送実験を行ってきた[5-6].本稿では,文献[5-6]をさらに拡張したTDD下りリンクMassive MIMOの伝送実験装置を使い,4.5 GHz帯における大規模なMU MIMO環境化における屋外伝送実験の評価結果について考察し,本実験装置によって周波数利用効率が大幅に改善可能であることを明らかにする. 
(英) Nowadays, Massive MIMO is an attractive technology for the 5th generation of mobile communications system (5G) in order to further improve the spectrum efficiency and boost system capacity. To clarify its potential performance, many investigations and demonstrations have been widely conducted by both academia and industry [1-4]. For the past few years, we have developed a 5G test bed, including TDD Massive MIMO and have demonstrated its performance [5-6]. In this paper, the large scale field experimental trial of downlink TDD Massive MIMO at the 4.5 GHz band is demonstrated, including the system performance of multi-user (MU) Massive MIMO with different number of user equipments (UEs), spatial layers, and inter-UE separation. The experimental result indicates that TDD Massive MIMO using the developed 5G test bed greatly improves the spectrum efficiency in large scale user deployments.
キーワード (和) 5G / Massive MIMO / Time Division Duplex / Multi-user MIMO / 屋外伝送実験 / / /  
(英) 5G / Massive MIMO / Time Division Duplex / Multi-user MIMO / Outdoor experiment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 479, RCS2016-323, pp. 187-192, 2017年3月.
資料番号 RCS2016-323 
発行日 2017-02-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-323

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-03 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TDD下りリンクにおける大規模マルチユーザMassive MIMOの屋外伝送実験評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental trial of large scale downlink TDD multi-user Massive MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(3)(和/英) Time Division Duplex / Time Division Duplex  
キーワード(4)(和/英) Multi-user MIMO / Multi-user MIMO  
キーワード(5)(和/英) 屋外伝送実験 / Outdoor experiment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 祐也 / Yuya Saito / サイトウ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ベンジャブール アナス / Anass Benjebbour / ベンジャブール アナス
第2著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸山 祥久 / Yoshihisa Kishiyama / キシヤマ ヨシヒサ
第3著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 新 / Xin Wang / ワン シン
第4著者 所属(和/英) 都科摩(北京)通信技術研究中心有限公司 (略称: ドコモ北京研)
DOCOMO Beijing Communications Laboratories Co., Ltd (略称: DOCOMO Beijing Labs)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 侯 暁林 / Xiaolin Hou / ホウ シャオリン
第5著者 所属(和/英) 都科摩(北京)通信技術研究中心有限公司 (略称: ドコモ北京研)
DOCOMO Beijing Communications Laboratories Co., Ltd (略称: DOCOMO Beijing Labs)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 蒋 恵玲 / Huiling Jiang / ジャン フーリン
第6著者 所属(和/英) 都科摩(北京)通信技術研究中心有限公司 (略称: ドコモ北京研)
DOCOMO Beijing Communications Laboratories Co., Ltd (略称: DOCOMO Beijing Labs)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Lei Lu / Lei Lu / レイ ルー
第7著者 所属(和/英) ファーウェイ・テクノロジーズ (略称: ファーウェイ・テクノロジーズ)
Huawei Technologies Co., LTD (略称: Huawei Technologies)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Bojie Li / Bojie Li / ボジェ リ
第8著者 所属(和/英) ファーウェイ・テクノロジーズ (略称: ファーウェイ・テクノロジーズ)
Huawei Technologies Co., LTD (略称: Huawei Technologies)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) Wenliang Liang / Wenliang Liang / ウェンリャン リャン
第9著者 所属(和/英) ファーウェイ・テクノロジーズ (略称: ファーウェイ・テクノロジーズ)
Huawei Technologies Co., LTD (略称: Huawei Technologies)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) Liang Gu / Liang Gu / リャン グ
第10著者 所属(和/英) ファーウェイ・テクノロジーズ (略称: ファーウェイ・テクノロジーズ)
Huawei Technologies Co., LTD (略称: Huawei Technologies)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 崔 洋 / Yang Cui / サイ ヨウ
第11著者 所属(和/英) ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパン (略称: ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパン)
Huawei Technologies Japan K.K. (略称: Huawei Technologies Japan)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿島 毅 / Tsuyoshi Kashima / カシマ ツヨシ
第12著者 所属(和/英) ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパン (略称: ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパン)
Huawei Technologies Japan K.K. (略称: Huawei Technologies Japan)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-03-03 09:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 RCS2016-323 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.479 
ページ範囲 pp.187-192 
ページ数
発行日 2017-02-22 (RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会