お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-21 14:35
AutoEncoderを導入したRegression Forestsによるノイズ発見
日比野眞也中部大)・木村昭悟NTT)・山下隆義山内悠嗣藤吉弘亘中部大BioX2016-68 PRMU2016-231
抄録 (和) 本研究では,Regression Forestsの回帰過程において発生するテストサンプルのノイズによるノードの分岐反転を発見する手法を提案する.
Regression Forestsの回帰推定の際に,入力特徴ベクトルのある次元にノイズが付与されると,その次元を参照した分岐ノードが反転し,異なる子ノードへ分岐することがある.
分岐が反転すると到達する末端ノードが変化するため正しい回帰推定が困難となり,精度が低下するという問題が生じる.
そこで,本研究ではRegression Forestsの各回帰木の末端ノードに相関があることに着目し,学習済みの各回帰木に学習サンプルを入力し,
到達したノードを表現した特徴パターンを入力してAutoEncoderを学習する.
これにより,ノイズを含む特徴ベクトルを入力した際の各回帰木の正しい出力パターンを想起し,分岐が反転したノードを発見できる.
分岐が反転したノードに対して複数パスを考慮することで,ノイズの影響を低減した回帰推定を行う.
評価実験より,提案手法は4つのデータセットに対して回帰精度を向上させることができた. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) Random Forests / Regression Forests / AutoEncoder / 回帰分析 / ノイズ発見 / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 528, PRMU2016-231, pp. 209-214, 2017年3月.
資料番号 PRMU2016-231 
発行日 2017-03-13 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード BioX2016-68 PRMU2016-231

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2017-03-20 - 2017-03-21 
開催地(和) 名城大 
開催地(英)  
テーマ(和) 安心安全と社会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AutoEncoderを導入したRegression Forestsによるノイズ発見 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Noise Detection of Regression Forests with AutoEncoder 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Random Forests /  
キーワード(2)(和/英) Regression Forests /  
キーワード(3)(和/英) AutoEncoder /  
キーワード(4)(和/英) 回帰分析 /  
キーワード(5)(和/英) ノイズ発見 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 日比野 眞也 / Masaya Hibino / ヒビノ マサヤ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 昭悟 / Akisato Kimura / アキサト キムラ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 隆義 / Takayoshi Yamashita / タカヨシ ヤマシタ
第3著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 悠嗣 / Yuji Yamauchi / ユウジ ヤマウチ
第4著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤吉 弘亘 / Hironobu Fujiyoshi / ヒロノブ フジヨシ
第5著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-03-21 14:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 BioX2016-68, PRMU2016-231 
巻番号(vol) vol.116 
号番号(no) no.527(BioX), no.528(PRMU) 
ページ範囲 pp.209-214 
ページ数
発行日 2017-03-13 (BioX, PRMU) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会