お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-12 14:00
疎なルールのもとでのRBTからの決定木構築法
原田崇司田中 賢神奈川大)・三河賢治新潟大COMP2017-2
抄録 (和) パケット分類問題は,分類ポリシーを実装したルールリストの各ルールとネットワーク機器を通過するパケットとを照合して,パケットに合致する優先度の最も高いルールを求める問題である.一般にルールリストのルール数$n$は増える一方なので,分類時間がルール数$n$に依存しないアルゴリズムが求められる.そこで我々は,任意のビットマスクルールに対応するRun-Based Trie (RBT)というデータ構造とRBTから構成される決定木を用いた探索時間がルール数$n$に依らない探索アルゴリズムを提案した[1],[2].けれども,提案手法に用いる決定木の領域計算量はビット長$w$とルール数$n$に関して$O(n^{w})$と指数オーダであり,$w geq 18$のルールリストやパケット分類のベンチマークであるClassBench[3]のルールリストのような疎なルールリストに対しても決定木を構築できなかった.本稿では,節点$v$の子を生成する際に根から節点$v$までのパスで得られる連を参照することによって不要な節点を生成しない決定木構築法を提案する.提案手法は$n=1000$のClassBenchから生成される疎なルールリストに対して決定木を構築できる. 
(英) Packet classification problem is to determine the highest priority rule that matches with an incoming packet in a networking equipment among all the filtering rules implementing a packet classification policy. Since the number of rules $n$ in a rule list tends to increase, it is necessary to develop an algorithm to find the highest priority rule independent of $n$. Thus we proposed a data structure Run-Based Trie (RBT) and a classification algorithm using decision tree constructed on RBT[1],[2]. The decision tree classification method is independent of $n$. However, a space complexity of the decision tree is exponential order $O(n^{w})$ with $n$ rules of length $w$. Even for Rules with $w geq 18$ and sparse rules generated by ClassBench[3] the decision tree has not been constructed. In this paper, we propose a novel decision tree construction method that does not construct unnecessary nodes by referencing runs matched through the root node to a node $v$ when constructing a child node of $v$. The proposed method can construct the decision tree for sparse rules generated by ClassBench.
キーワード (和) パケット分類 / トライ木 / 決定木 / 任意のビットマスク / / / /  
(英) packet classification / trie / decision tree / arbitrary bitmask / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 28, COMP2017-2, pp. 9-15, 2017年5月.
資料番号 COMP2017-2 
発行日 2017-05-05 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2017-2

研究会情報
研究会 COMP IPSJ-AL  
開催期間 2017-05-12 - 2017-05-13 
開催地(和) 長崎県建設工業協同組合 
開催地(英)  
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2017-05-COMP-AL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 疎なルールのもとでのRBTからの決定木構築法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An RBT Decision Tree Construction for Sparse Rules 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パケット分類 / packet classification  
キーワード(2)(和/英) トライ木 / trie  
キーワード(3)(和/英) 決定木 / decision tree  
キーワード(4)(和/英) 任意のビットマスク / arbitrary bitmask  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 崇司 / Takashi Harada / ハラダ タカシ
第1著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 賢 / Ken Tanaka / タナカ ケン
第2著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三河 賢治 / Kenji Mikawa / ミカワ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-05-12 14:00:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 COMP 
資料番号 COMP2017-2 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.28 
ページ範囲 pp.9-15 
ページ数
発行日 2017-05-05 (COMP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会