お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-26 16:20
[招待講演]ソフトウェア信頼性モデルの基礎
山田 茂鳥取大R2017-9
抄録 (和) 「信頼性」はソフトウェア品質の中でも最も重要な品質特性である.また,ソフトウェアライフサイクルにおける信頼性の計測および管理は,高品質/信頼性を具備するソフトウェアシステムの開発および保守に不可欠な主要技術である.本論文では,ソフトウェア信頼性モデルとその応用技術について議論する.特に,定量的なソフトウェア信頼性評価のためのハザードレートモデルや非同次ポアソン過程(NHPP)モデルについて議論すると共に,動的なソフトウェアの挙動を考慮した不完全デバッグモデルやソフトウェア可用性モデルについても議論する. 
(英) Software reliability is one of the most important characteristics of software quality. Its measurement and management technologies during the software life-cycle are essential to produce and maintain quality/reliable software systems. In this paper, we discuss software reliability modeling and its applications. As to software reliability modeling, hazard rate and NHPP models are investigated particularly for quantitative software reliability assessment. Further, imperfect debugging and software availability models are also discussed with reference to incorporating practical factors of dynamic software behavior.
キーワード (和) ソフトウェア品質/信頼性評価 / ソフトウェア信頼度成長モデル / ハザードレート / 非同次ポアソン過程 / 不完全デバッグ / ソフトウェア可用性 / マルコフ過程 /  
(英) Product quality/reliability assessment / Software reliability growth modeling / Hazard rate / Nonhomogeneous Poisson process / Imperfect debugging / Software availability / Markov process /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 62, R2017-9, pp. 49-56, 2017年5月.
資料番号 R2017-9 
発行日 2017-05-19 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2017-9

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2017-05-26 - 2017-05-26 
開催地(和) ピュアリティまきび 
開催地(英) Purity Makibi 
テーマ(和) ソフトウェアの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英) Software Reliability, Overall reliability engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2017-05-R 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ソフトウェア信頼性モデルの基礎 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Summary of Elementary Software Reliability Modeling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア品質/信頼性評価 / Product quality/reliability assessment  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア信頼度成長モデル / Software reliability growth modeling  
キーワード(3)(和/英) ハザードレート / Hazard rate  
キーワード(4)(和/英) 非同次ポアソン過程 / Nonhomogeneous Poisson process  
キーワード(5)(和/英) 不完全デバッグ / Imperfect debugging  
キーワード(6)(和/英) ソフトウェア可用性 / Software availability  
キーワード(7)(和/英) マルコフ過程 / Markov process  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 茂 / Shigeru Yamada / ヤマダ シゲル
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-05-26 16:20:00 
発表時間 40分 
申込先研究会 R 
資料番号 R2017-9 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.49-56 
ページ数
発行日 2017-05-19 (R) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会