お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-02 10:00
有限積分法に基づく半陰的FDTDスキームの統一的な定式化について
藤田和広富士通EMT2017-1 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2017-1
抄録 (和) 本稿では,Newmark-Beta法に基づく半陰的FDTDスキームの定式化を有限積分法(FIT)の概念を用いて再検討する.積分形のMaxwell方程式に立脚したFIT行列表示により,一般直交座標系における二つの計算スキームを導出する.磁界/電界だけに陰的な時間更新式を持つ二つの半陰的FDTDスキームが2段階スキームの標準形で表現できることを示す. 
(英) In this paper, formulations of the semi-implicit finite-difference time-domain (FDTD) schemes based on the Newmark-Beta method are reconsidered using the concept of the finite integration technique (FIT). Two semi-implicit schemes in general orthogonal girds are derived by using the FIT matrix notation based on Maxwell’s equations in integral form. It is shown that the two semi-implicit FDTD scheme with implicit time update equation only for magnetic field or electric field can be expressed in the canonical form of two-layer scheme.
キーワード (和) FDTD法 / Newmark-Beta法 / マクスウェル方程式 / 積分形 / 一般直交座標格子 / / /  
(英) FDTD method / Newmark-Beta method / Maxwell equations / integral form / general orthogonal grids / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 74, EMT2017-1, pp. 1-4, 2017年6月.
資料番号 EMT2017-1 
発行日 2017-05-26 (EMT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMT2017-1 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2017-1

研究会情報
研究会 EMT IEE-EMT  
開催期間 2017-06-02 - 2017-06-02 
開催地(和) 日本大学理工学部駿河台キャンパス 
開催地(英) Nihon University 
テーマ(和) 電磁界理論一般 
テーマ(英) Electromagnetic Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2017-06-EMT-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有限積分法に基づく半陰的FDTDスキームの統一的な定式化について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On a unified formulation of semi-implicit FDTD schemes based on the finite integration technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(2)(和/英) Newmark-Beta法 / Newmark-Beta method  
キーワード(3)(和/英) マクスウェル方程式 / Maxwell equations  
キーワード(4)(和/英) 積分形 / integral form  
キーワード(5)(和/英) 一般直交座標格子 / general orthogonal grids  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 和広 / Kazuhiro Fujita / フジタ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-06-02 10:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EMT 
資料番号 EMT2017-1 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.74 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数
発行日 2017-05-26 (EMT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会