お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-13 13:45
[ポスター講演]OFDMにおけるL1正則化を用いたブラインド時変通信路推定法の性能評価
村上直人宮嶋照行茨城大WBS2017-8 MICT2017-10
抄録 (和) 本稿では,OFDM伝送における時変周波数選択性通信路のためのブラインド通信路推定法を提案する.提案法は部分空間法に基づく推定法とL1正則化を組み合わせたものである.L1正則化を用いることで,通信路次数が未知の場合に部分空間法の性能が劣化する問題を解決することができる.さらに性能を向上させるために,少数のパイロット信号を利用するセミブラインド推定法を提案する.計算機シミュレーションにより性能評価を行い,通信路次数が未知の場合に,L1正則化を用いる推定法が優れた性能を有することを示す. 
(英) In this article, we propose a blind channel estimation method for time-variant channels in OFDM transmission. The proposed method combines a subspace-based estimation method and an L1 regularization technique. Using the L1 regularization, the performance degradation of the subspace-based method when the channel order is unknown at a receiver can be improved. Computer simulations show that the estimation method using L1 regularization is superior to the subspace method when the channel order is unknown.
キーワード (和) 通信路推定 / ブラインド推定 / L1正則化 / OFDM / / / /  
(英) Channel estimation / Blind estimation / L1 regularization / OFDM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 122, WBS2017-8, pp. 1-6, 2017年7月.
資料番号 WBS2017-8 
発行日 2017-07-06 (WBS, MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2017-8 MICT2017-10

研究会情報
研究会 WBS MICT  
開催期間 2017-07-13 - 2017-07-14 
開催地(和) アクトシティ浜松 研修交流センター 
開催地(英) ACT CITY 
テーマ(和) ポスター講演, ワイドバンドシステム, ヘルスケア・医療情報通信技術, 一般 
テーマ(英) Poster Session, Wideband System, Healthcare and Medical Information Communication Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2017-07-WBS-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDMにおけるL1正則化を用いたブラインド時変通信路推定法の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of blind time-variant channel estimation using L1 regularization for OFDM systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信路推定 / Channel estimation  
キーワード(2)(和/英) ブラインド推定 / Blind estimation  
キーワード(3)(和/英) L1正則化 / L1 regularization  
キーワード(4)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 直人 / Naoto Murakami / ムラカミ ナオト
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮嶋 照行 / Teruyuki Miyajima / ミヤジマ テルユキ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-07-13 13:45:00 
発表時間 120分 
申込先研究会 WBS 
資料番号 WBS2017-8, MICT2017-10 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.122(WBS), no.123(MICT) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2017-07-06 (WBS, MICT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会