お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-22 13:00
産業機械に起因する労働災害に係るリスクと脆弱性
濱島京子梅崎重夫清水尚憲労働安全衛生総研SSS2017-13
抄録 (和) 機械設備の使用者がアセスメントすべきリスクとは,残留リスクが顕在化(災害化)するリスクである.具体的には,現実の使用環境の条件を考慮して残留リスクを査定し,残留リスクが顕在化しない仕組みが技術的・管理的に構築され維持され続けているかを確かめることといえる.労働災害は,こうした仕組みが脆弱な箇所から発生すると考えるならば,脆弱性を発見し対策を示すことが,労働安全分野でのリスクアセスメント手法に求められる要件と考える. 
(英) In the field of occupational safety, risks assessed for the users of machines and facilities may be residual risks. Such risks may be actualized resulting in accidents. The actual procedure for residual risk assessment is as follows: (1) the residual risk of a machine or a facility is assessed while considering its actual operating environment; (2) a system that ensures that it is difficult for the residual risk to be actualized is constructed through technical and administrative measures; and (3) the system is confirmed to be continuously maintained. If an occupational accident is identified as possible in a place in which the system is vulnerable, countermeasures against the vulnerability will be required for the residual risk assessment.
キーワード (和) 機械安全 / 労働安全衛生 / リスク / 脆弱性 / / / /  
(英) Safety of machinery / Occupational Safety and Health / Risk / Vulnerability / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 179, SSS2017-13, pp. 1-4, 2017年8月.
資料番号 SSS2017-13 
発行日 2017-08-15 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SSS2017-13

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2017-08-22 - 2017-08-22 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 食品機械・食品安全(衛生) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2017-08-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 産業機械に起因する労働災害に係るリスクと脆弱性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Risk and Vulnerability Concerning Occupational Accidents Caused by Industrial Machines 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機械安全 / Safety of machinery  
キーワード(2)(和/英) 労働安全衛生 / Occupational Safety and Health  
キーワード(3)(和/英) リスク / Risk  
キーワード(4)(和/英) 脆弱性 / Vulnerability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱島 京子 / Kyoko Hamajima / ハマジマ キョウコ
第1著者 所属(和/英) 労働安全衛生総合研究所 (略称: 労働安全衛生総研)
National Institute of Occupational Safety and Health (略称: JNIOSH)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅崎 重夫 / Shigeo Umezaki / ウメザキ シゲオ
第2著者 所属(和/英) 労働安全衛生総合研究所 (略称: 労働安全衛生総研)
National Institute of Occupational Safety and Health (略称: JNIOSH)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 尚憲 / Shoken Shimizu / シミズ ショウケン
第3著者 所属(和/英) 労働安全衛生総合研究所 (略称: 労働安全衛生総研)
National Institute of Occupational Safety and Health (略称: JNIOSH)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-22 13:00:00 
発表時間 35 
申込先研究会 SSS 
資料番号 SSS2017-13 
巻番号(vol) 117 
号番号(no) no.179 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数
発行日 2017-08-15 (SSS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会