お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-09 13:00
結果的公平な文脈付きバンディット学習
福地一斗筑波大)・佐久間 淳筑波大/JST/理研IBISML2017-53
抄録 (和) 機械学習における公平性が,重要な分野として認識されてきている.公平であるとは,機械学習によって行われた意思決定が個人のセンシティブな属性に対して偏らないことである.本論文では,新しい公平性の概念として結果的公平性を紹介し,その制約を設けた順次意思決定問題を取り扱う.結果的公平性は,ほとんど確実に公平性が満たされることを要求する.具体的には,有限回の意思決定を行った結果,不公平な決定が与えられた閾値$eta$をほとんど確実に超えないことを要求する.本稿でははじめに,敵対的文脈における不可能性を示し,この問題が本質的に難しいことを示す.有意義な結果は,分配的文脈設定において得られる.この設定において,$O(max{ln T,min{eta,T/eta}})$のレグレットを達成するアルゴリズムFairUcbを紹介し,$eta le o(ln T)$であるときにはこのレグレットが最適であることを示す. 
(英) Fairness in machine learning is being recognized as an important field. It requires that the consequent decisions made by a machine learning algorithm must not be biased on the sensitive attributes of individuals. In this paper, we introduce a novel notion of fairness, consequential fairness, and deal with sequential decision-making problems with a consequential fairness constraint. Consequential fairness requires almost sure satisfaction of fairness, that is, the number of unfair decisions does not exceed a prescribed threshold, $eta$, almost surely after a finite number of decisions. We first show a impossibility result for the adversarial context, which implies fundamental hardness of the setting. Meaningful results are obtained under the allocative contexts. We show that a novel algorithm, FairUcb, can achieve $O(max{ln T,min{eta,T/eta}})$ regret under a mild assumption. We also show that this regret bound is optimal up to constant if $eta le o(ln T)$.
キーワード (和) 公平性 / 差別 / 文脈付きバンディット / ギャップ依存レグレット / 敵対的文脈 / 分配的文脈 / /  
(英) fairness / discrimination / contextual bandits / gap-dependent regret / adversarial contexts / allocative contexts / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 293, IBISML2017-53, pp. 139-146, 2017年11月.
資料番号 IBISML2017-53 
発行日 2017-11-02 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IBISML2017-53

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 東京大学 
開催地(英) Univ. of Tokyo 
テーマ(和) 情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2017) 
テーマ(英) Information-Based Induction Science Workshop (IBIS2017) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2017-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 結果的公平な文脈付きバンディット学習 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consequently Fair Contextual Bandit Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 公平性 / fairness  
キーワード(2)(和/英) 差別 / discrimination  
キーワード(3)(和/英) 文脈付きバンディット / contextual bandits  
キーワード(4)(和/英) ギャップ依存レグレット / gap-dependent regret  
キーワード(5)(和/英) 敵対的文脈 / adversarial contexts  
キーワード(6)(和/英) 分配的文脈 / allocative contexts  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福地 一斗 / Kazuto Fukuchi / フクチ カズト
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐久間 淳 / Jun Sakuma / サクマ ジュン
第2著者 所属(和/英) 筑波大学/科学技術振興機構 CREST/理化学研究所 AIP (略称: 筑波大/JST/理研)
University of Tsukuba/Japan Science and Technology Agency CREST/RIKEN AIP (略称: Univ. of Tsukuba/JST/RIKEN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-11-09 13:00:00 
発表時間 150分 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IBISML2017-53 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.293 
ページ範囲 pp.139-146 
ページ数
発行日 2017-11-02 (IBISML) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会