お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-15 13:35
エラスティック光ネットワーク上のエニーキャスト通信のためのRSA問題に対するグリーディーアルゴリズムの比較
宮川穏貴渡部洋介・○繁野麻衣子筑波大)・石井紀代産総研)・竹房あつ子NII)・吉瀬章子筑波大PN2017-28
抄録 (和) エラスティック光ネットワークでは,通信需要を伝送するときに経路の決定及び周波数スロットの割当(Routing and Spectrum Assignment : RSA)問題を解く必要がある.本稿では,クライアントノードと幾つかのデータセンターのなかの一つが通信を行うエニーキャスト通信での静的なRSA問題を対象とする.与えられた通信需要すべてを伝送するのに必要な最大スロット数の最小化問題と,決められたスロット数内で伝送する通信需要を選択するトラフィック量最大化問題の2通りに対して,グリーディーアルゴリズムの効率性を比較検討する.
経路選択方法と需要の処理順序を変えることで各々の問題に対して有効なアルゴリズムを数値実験により検証する.実験の結果,最大スロット数最小化問題では周波数スロットの使用状況に応じて,より短い経路を選択するグリーディーアルゴリズムが優れているが,トラフィック量最大化問題では優位な経路選択方法や需要の処理順序はネットワークの形状や需要数により異なることがわかった. 
(英) The routing and spectrum allocation (RSA) problems need to be solved when we transmit some demands in an elastic optical network. This research deals with static RSA problems for anycast transmission which is one-to-one-of-many transmission in inter-datacenter networks. Two static RSA optimization models are considered. One is minimizing the maximum number of spectrum slots needed to allocate the given demands. The other is maximizing the traffic volume of demands served under the given spectrum slot number. For the both models, several greedy-type algorithms are investigated. We conducted computational experiments to confirm greedy-type algorithmic behaviors by each of selecting route criteria and by each of demand ordering policies. In our experimental results, the path selection criterion was important in the minimax slot number model and we conclude to have to select a shorter path under some slot conditions. In the maximum traffic volume model, there was no dominant of greedy-type algorithms. The best path selection criterion and the best demand ordering policy depended on the network and the traffic congestion level.
キーワード (和) RSA問題 / エニーキャスト通信 / エラスティック光ネットワーク / グリーディーアルゴリズム / / / /  
(英) routing and spectrum allocation / anycasting / elastic network / greedy algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 298, PN2017-28, pp. 1-8, 2017年11月.
資料番号 PN2017-28 
発行日 2017-11-08 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード PN2017-28

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2017-11-15 - 2017-11-16 
開催地(和) 工学院大学 
開催地(英) Kogakuin Univ. 
テーマ(和) エラスティックネットワーク、フレキシブルネットワーク、光ネットワーク制御・プロトコル、トランスポートSDN、IPバックボーン、空間多重(SDM)、モード多重、光ネットワークデバイス、JPNモデル、EXATおよび一般 
テーマ(英) Elastic Optical Networks, Flexible Networks, Optical Network Control/Protocol, Transport SDN, IP Backbone, SDM, Mode Division Multiplexing, Photonic Network Devices, JPN Model, EXAT, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2017-11-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エラスティック光ネットワーク上のエニーキャスト通信のためのRSA問題に対するグリーディーアルゴリズムの比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparing greedy-type algorithms for RSA problems of anycasting in elastic networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RSA問題 / routing and spectrum allocation  
キーワード(2)(和/英) エニーキャスト通信 / anycasting  
キーワード(3)(和/英) エラスティック光ネットワーク / elastic network  
キーワード(4)(和/英) グリーディーアルゴリズム / greedy algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮川 穏貴 / Yasutaka MIyagawa /
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 洋介 / Yosuke Watanabe /
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 繁野 麻衣子 / Maiko Shigeno /
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 紀代 / Kiyo Ishii /
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹房 あつ子 / Atsuko Takefusa /
第5著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉瀬 章子 / Akiko Yoshise /
第6著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第3著者 
発表日時 2017-11-15 13:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 PN 
資料番号 PN2017-28 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.298 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数
発行日 2017-11-08 (PN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会