お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-25 16:40
嗅覚と視覚のミスマッチが事象関連電位に与える影響
上田彩加立命館大)・井原 綾NICT)・岡本雅子東原和成東大)・成瀬 康NICT)・萩原一平山﨑崇裕NTTデータ経営研)・坪 泰宏立命館大NC2017-39
抄録 (和) 人が対象に与える評価を正しく取得することは,マーケティングなど実社会において重要なことである.
アンケートなどの従来法では,曖昧さやバイアスが含まれるという点が問題となっている.
この改善策の一つとして,近年,脳波などの生体信号を用いた評価取得方法が提案されてきている.
脳波を用いた方法では,簡便なプロトコルと容易に構築できる実験装置によって脳波信号を正確に計測できるシステムが要求されるが,
特に嗅覚と視覚のようなクロスモーダルな入力に基づく評価の定量的な取得法については,まだシステムが十分に確立されていない.
そこで本研究では,廉価で精度の高い嗅覚刺激提示装置を作成し,
食物の香りを先行する嗅覚刺激として,単語や写真画像を視覚刺激として提示した際のマッチ度を,
事象関連電位N400により定量的に評価できるかを検討した.
結果として,視覚刺激として単語を用いた場合には,評定尺度と先行研究から予想されるN400成分が観測されたが,
写真画像を用いた場合には,単語を用いた場合に比べてN400成分は小さかった.
この結果により,作成した嗅覚刺激提示装置を使用した実験系を用いることで,N400に着目した嗅覚刺激と視覚刺激のマッチ度の定量化は,
少なくとも視覚刺激として単語を用いた場合には可能であることが示唆された. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) N400 / クロスモーダル / ニューロマーケティング / 嗅覚刺激提示 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 325, NC2017-39, pp. 65-70, 2017年11月.
資料番号 NC2017-39 
発行日 2017-11-17 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2017-39

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2017-11-24 - 2017-11-25 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) BCI/BMIとその周辺, 一般 
テーマ(英) BCI/BMI, generall 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2017-11-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 嗅覚と視覚のミスマッチが事象関連電位に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of olfactory priming and visual target mismatch on event related potential 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) N400 /  
キーワード(2)(和/英) クロスモーダル /  
キーワード(3)(和/英) ニューロマーケティング /  
キーワード(4)(和/英) 嗅覚刺激提示 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 彩加 / Ayaka Ueda / ウエダ アヤカ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井原 綾 / Aya Ihara / イハラ アヤ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 雅子 / Masako Okamoto / オカモト マサコ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 東原 和成 / Kazushige Touhara / トウハラ カズシゲ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 成瀬 康 / Yasushi Naruse / ナルセ ヤスシ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 一平 / Ippei Hagiwara / ハギワラ イッペイ
第6著者 所属(和/英) NTTデータ経営研究所 (略称: NTTデータ経営研)
NTT Data Institute of Management Consulting (略称: NTT Data)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山﨑 崇裕 / Takahiro Yamazaki / ヤマザキ タカヒロ
第7著者 所属(和/英) NTTデータ経営研究所 (略称: NTTデータ経営研)
NTT Data Institute of Management Consulting (略称: NTT Data)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪 泰宏 / Yasuhiro Tsubo / ツボ ヤスヒロ
第8著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-11-25 16:40:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NC 
資料番号 NC2017-39 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.325 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数
発行日 2017-11-17 (NC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会