お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-07 14:50
視覚障碍者歩行案内のためのBLEビーコン動的制御に関する検討
中澤 匠新潟大)・若月大輔小林 真筑波技大)・西森健太郎前田義信牧野秀夫新潟大WIT2017-61
抄録 (和) 屋内における視覚障碍者の歩行案内の精度向上を目的に,BLEビーコンの動的制御による音声案内の可能性を検討する.基本的には,スマートフォン等の受信端末で電界強度を計測し,BLE発信機と受信端末までの距離を推定することで音声案内を行う.しかし,BLEの電波は環境中での反射や散乱などの影響を大きく受けるため,電界強度が不安定となり,音声案内の誤差要因となる.そこで,本報告ではBLEビーコン弁別性能向上を目的に,BLEビーコンの動的制御を検討する.実験では,BLEビーコンの時間的な制御と順次タイミング移動による音声誘導の動作実験を行い,電界強度の計測を行った.音声誘導の動作実験では,発信ビーコンの順次切り替えによって,音声案内のタイミングが改善されることを確認した.今後は,時刻同期型ビーコン制御を検討予定である 
(英) This paper describes a method of dynamically controlling BLE beacons, and an indoor BLE beacon-based guidance system that holds the promise of truly-accurate geographical positioning. RSSI (Received Signal Strength Indication) is the means by which mobile phones estimate distances to all beacons within range. Some degree of positioning error occurs naturally, however, as the result of microwave reflection and scattering. So we propose a method of dynamically controlling BLE beacons’ transmission intervals, for the purpose of improving BLE-beacon identification. In experiments assisted by a volunteer “pedestrian”, we confirmed both the scheduled time control of the BLE beacons and the speech-guidance assisted by the sequentially-switched BLE beacons. In an upcoming work, we will use NTPs (network time protocols) for each BLE beacon’s time control.
キーワード (和) BLE / 電界強度 / 動的制御 / 音声案内 / 時刻同期 / / /  
(英) BLE / RSSI / Dynamic control / Speech guidance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 337, WIT2017-61, pp. 121-126, 2017年12月.
資料番号 WIT2017-61 
発行日 2017-11-29 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2017-61

研究会情報
研究会 WIT HI-SIGACI  
開催期間 2017-12-06 - 2017-12-07 
開催地(和) 産総研臨海副都心センター(東京) 
開催地(英) AIST Tokyo Waterfront 
テーマ(和) 個々のニーズに立脚した高齢者・障害者支援技術および一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2017-12-WIT-SIGACI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚障碍者歩行案内のためのBLEビーコン動的制御に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) BLE beacon-based dynamic controls for guidance systems used by the visually-impaired 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BLE / BLE  
キーワード(2)(和/英) 電界強度 / RSSI  
キーワード(3)(和/英) 動的制御 / Dynamic control  
キーワード(4)(和/英) 音声案内 / Speech guidance  
キーワード(5)(和/英) 時刻同期 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 匠 / Takumi Nakazawa / ナカザワ タクミ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若月 大輔 / Daisuke Wakatsuki / ワカツキ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba Univ of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 真 / Makoto Kobayashi / コバヤシ マコト
第3著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba Univ of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 義信 / Yoshinobu Maeda / マエダ ヨシノブ
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 秀夫 / Hideo Makino / マキノ ヒデオ
第6著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-12-07 14:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WIT 
資料番号 WIT2017-61 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.337 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数
発行日 2017-11-29 (WIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会