お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-21 11:25
グリッドグラフにおける到達可能性判定問題のO(n^{1/3})領域アルゴリズム
芦田 亮中川航太郎東工大ISEC2017-75 COMP2017-29
抄録 (和) 有向グラフの到達可能性判定問題はNL完全問題として有名である.この問題を多項式時間で解くアルゴリズムとして,Barns等の$O(n/2^{sqrt{log{n}}})$領域必要とするものが今のところ最良である.ある$eps<1$に対して,$O(n^eps)$領域かつ多項式時間で動くアルゴリズムが構成できかどうかは未解決な問題となっている.グラフクラスを制限した場合にはより良い結果が知られており,グリッドグラフ及び平面グラフに対しては浅野等の$widetilde{O}(sqrt{n})$領域のアルゴリズムがある.本論文はグリッドグラフに対する到達可能性判定問題を多項式時間かつ$widetilde{O}(n^{1/3})$領域で解くアルゴリズムを提案する. 
(英) The directed graph reachability problem is a canonical complete problem for class NL.
The best known polynomial time algorithm for this problem by Barns et al. uses $O(n/2^{sqrt{log{n}}})$ space.
Whether we can make $O(n^eps)$-space and polynomial time algorithm for some $eps < 1$ is a famous open problem.
For some restricted graph classes of directed graphs, better results are known.
Asano et al. gave an $widetilde{O}(sqrt{n})$ space and polynomial time algorithm for the reachability problem restricted to directed grid and planar graphs.
We propose an $widetilde{O}(n^{1/3})$ space and polynomial time algorithm for the reachability problem restricted to directed grid graphs.
キーワード (和) グラフアルゴリズム / 到達可能性判定問題 / グリッドグラフ / 劣線形領域アルゴリズム / / / /  
(英) graph algorithm / graph reachability / grid graph / sub-linear space algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 370, COMP2017-29, pp. 19-24, 2017年12月.
資料番号 COMP2017-29 
発行日 2017-12-14 (ISEC, COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2017-75 COMP2017-29

研究会情報
研究会 ISEC COMP  
開催期間 2017-12-21 - 2017-12-22 
開催地(和) 高知工科大学永国寺キャンパス 
開催地(英) Eikokuji Campus, Kochi University of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2017-12-ISEC-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グリッドグラフにおける到達可能性判定問題のO(n^{1/3})領域アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) O(n^{1/3})-space algorithm for the grid graph reachability problem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グラフアルゴリズム / graph algorithm  
キーワード(2)(和/英) 到達可能性判定問題 / graph reachability  
キーワード(3)(和/英) グリッドグラフ / grid graph  
キーワード(4)(和/英) 劣線形領域アルゴリズム / sub-linear space algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芦田 亮 / Ryo Ashida / アシダ リョウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 航太郎 / Kotaro Nakagawa / ナカガワ コウタロウ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-12-21 11:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 COMP 
資料番号 ISEC2017-75, COMP2017-29 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.369(ISEC), no.370(COMP) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数
発行日 2017-12-14 (ISEC, COMP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会