お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-26 11:15
自己の回転運動知覚における視覚・前庭感覚の統合処理特性
齊藤亮太久方瑠美金子寛彦東工大HIP2017-91
抄録 (和) 人間は通常、視覚、前庭感覚、体性感覚など、様々な感覚情報を用いて自己の運動を知覚している。本研究では、自己を中心とした身体軸周りの受動的な回転運動において、それらの情報を独立して操作し、得られる情報が矛盾している条件下における自己運動知覚の変化をリアルタイムで調べることにより,感覚情報統合の特性を明らかにすることを目的とした。結果、加速直後では前庭感覚情報の重みが視覚刺激情報の重みと比較して相対的に大きくなっているが、等速回転をしてしばらくすると前庭感覚情報の重みが減少し、視覚情報の重みが増加するというように、情報の統合処理方式が変化することが示唆された。 
(英) Humans usually perceive their self-motion depending on various information such as visual, vestibular, and somatosensory information. In this study, , we investigated the time course of changes in perceived self-motion by manipulating such information independently to produce rotational motion about the yaw-axis under the conditions in which visual and vestibular information are consistent or inconsistent to each other. The results showed that relative contribution of visual and vestibular (somatosensory) information gradually changes from the phase of acceleration to that of constant speed.
キーワード (和) 自己運動知覚 / 多感覚統合 / 視覚情報 / 前庭感覚情報 / / / /  
(英) self-motion perception / Multisensory interaction / Visual information / Vestibular information / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 375, HIP2017-91, pp. 39-42, 2017年12月.
資料番号 HIP2017-91 
発行日 2017-12-18 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2017-91

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2017-12-25 - 2017-12-26 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) Reserach Institute of Electrical Communication, Tohoku University 
テーマ(和) マルチモーダル,感性情報処理,視知覚とその応用,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2017-12-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自己の回転運動知覚における視覚・前庭感覚の統合処理特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Properties of Visual-Vestibular Integration process for the perception of self rotation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自己運動知覚 / self-motion perception  
キーワード(2)(和/英) 多感覚統合 / Multisensory interaction  
キーワード(3)(和/英) 視覚情報 / Visual information  
キーワード(4)(和/英) 前庭感覚情報 / Vestibular information  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 亮太 / Ryota Saito / サイトウ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久方 瑠美 / Rumi Hisakata / ヒサカタ ルミ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 寛彦 / Hirohiko Kaneko / カネコ ヒロヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2017-12-26 11:15:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 HIP 
資料番号 HIP2017-91 
巻番号(vol) vol.117 
号番号(no) no.375 
ページ範囲 pp.39-42 
ページ数
発行日 2017-12-18 (HIP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会