お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 15:20
トラヒック分析データの利用拡大に向けたデータ基盤の検討
上野史紀小野塚康浩春藤義隆大谷知行ドコモ・テクノロジICM2017-79
抄録 (和) ネットワークに流通するトラヒック量は年々増大している中で,モバイル通信サービスに対するユーザ体感品質を把握するために,トラヒックデータの分析が進められている.本稿では,トラヒック分析データの利用拡大に向け,本データを保持しているサービス監視用OSSを活用したデータ基盤の実現方法について述べる. 
(英) While the amount of flowing traffic in the mobile network has been increasing year by year, analysis of those data is ongoing to grasp qualities and user experiences of mobile communication services. In this paper, we will show approaches and implementation methods to expand use of the analyzed data, using a service quality monitoring OSS.
キーワード (和) サービス監視 / オペレーションサポートシステム / トラヒックデータ分析 / プローブ / / / /  
(英) Service quality monitoring / Operation Support System / Traffic data analysis / Probe / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 491, ICM2017-79, pp. 139-143, 2018年3月.
資料番号 ICM2017-79 
発行日 2018-03-01 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2017-79

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2018-03-08 - 2018-03-09 
開催地(和) 沖縄青年会館 
開催地(英)  
テーマ(和) エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2018-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トラヒック分析データの利用拡大に向けたデータ基盤の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of data infrastructure for expanding use of network traffic analysis data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サービス監視 / Service quality monitoring  
キーワード(2)(和/英) オペレーションサポートシステム / Operation Support System  
キーワード(3)(和/英) トラヒックデータ分析 / Traffic data analysis  
キーワード(4)(和/英) プローブ / Probe  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 史紀 / Fuminori Ueno / ウエノ フミノリ
第1著者 所属(和/英) ドコモ・テクノロジ株式会社 (略称: ドコモ・テクノロジ)
DOCOMO Technology, inc. (略称: DOCOMO Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野塚 康浩 / Yasuhiro Onoduka / オノヅカ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) ドコモ・テクノロジ株式会社 (略称: ドコモ・テクノロジ)
DOCOMO Technology, inc. (略称: DOCOMO Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 春藤 義隆 / Yoshitaka Syuntou / シュントウ ヨシタカ
第3著者 所属(和/英) ドコモ・テクノロジ株式会社 (略称: ドコモ・テクノロジ)
DOCOMO Technology, inc. (略称: DOCOMO Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 知行 / Tomoyuki Otani / オオタニ トモユキ
第4著者 所属(和/英) ドコモ・テクノロジ株式会社 (略称: ドコモ・テクノロジ)
DOCOMO Technology, inc. (略称: DOCOMO Technology)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 ICM2017-79 
巻番号(vol) 117 
号番号(no) no.491 
ページ範囲 pp.139-143 
ページ数
発行日 2018-03-01 (ICM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会