お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-05-24 10:55
OpenCLコードから合成したFPGAによる津波シミュレーションの性能評価
河野郁也中里直人会津大RECONF2018-2
抄録 (和) 海域で起きる津波の到達時刻を予測することは、安全な避難のために重要である。
津波の数値モデリングは、並列処理による高速化が必要な問題である。
我々は、津波シミュレーションの数値解法としてMOST (Method of Splitting Tsunami)アルゴリズムの高速化を様々な並列化手法で試みている。本発表では、Intel FPGA SDK for OpenCL SDKを用いてOpenCLコードから論理合成したFPGA上での性能評価を行う。GPU向けコードを基準として、シフトレジスタを活用する実装と、それを元にさらに最適化したOpenCLコードを評価する。 
(英) (Not available yet)
キーワード (和) 津波シミュレーション / 高位合成 / Intel FPGA SDK for OpenCL / Arria10 FPGA / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 63, RECONF2018-2, pp. 7-12, 2018年5月.
資料番号 RECONF2018-2 
発行日 2018-05-17 (RECONF) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード RECONF2018-2

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2018-05-24 - 2018-05-25 
開催地(和) ゲートシティ大崎 B1ルームD 
開催地(英) GATE CITY OHSAKI 
テーマ(和) ディープラーニングおよびリコンフィギャラブルシステム,一般 
テーマ(英) Deep Learning, Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2018-05-RECONF 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) OpenCLコードから合成したFPGAによる津波シミュレーションの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 津波シミュレーション /  
キーワード(2)(和/英) 高位合成 /  
キーワード(3)(和/英) Intel FPGA SDK for OpenCL /  
キーワード(4)(和/英) Arria10 FPGA /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 郁也 / Fumiya Kono / コウノ フミヤ
第1著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
The University of Aizu (略称: UoA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中里 直人 / Naohito Nakasato / ナカサト ナオヒト
第2著者 所属(和/英) 会津大学 (略称: 会津大)
The University of Aizu (略称: UoA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-05-24 10:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 RECONF2018-2 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.63 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数
発行日 2018-05-17 (RECONF) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会