お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-14 16:20
腐食モニタリング用センサネットワークにおけるレクテナ活用法の一検討
宇都伸太郎グアン チャイ ユー藤本孝文石塚洋一奥松俊博藤島友之杉本知史岩崎昌平長崎大WPT2018-13
抄録 (和) 本研究では,橋梁の腐食進行度合を定期モニタリングするためのワイヤレスセンサネットワークシステムを提案する.このシステムは,橋梁に無線端末とセンサを設置することで腐食を遠隔から監視するものであり,920MHz帯の電波を使用し,週1回のモニタリングを目標としている.本研究では,子機端末の電源部分にレクテナを使用することを想定し,レクテナの整流回路部分の設計・試作を行い,直流電源としての可能性について検証を行った. 
(英) In this study, a wireless sensor network system for erosion monitoring of the bridge is proposed. This system consists of wireless terminals and sensors installed on bridges to monitor erosion remotely. In this system, 920MHz band radio wave is used and erosion monitoring once in a week is planned. Moreover, rectenna will be used as a DC power supply in the end device terminals. In this paper, the rectifier circuit is designed and the possibility of rectenna to be used as the DC power supply is verified.
キーワード (和) レクテナ / インフラ / 腐食モニタリング / ワイヤレスセンサネットワーク / 橋梁 / / /  
(英) Rectenna / Infrastructure / Monitoring for Erosion / Wireless Sensor Network / Bridge / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 87, WPT2018-13, pp. 19-22, 2018年6月.
資料番号 WPT2018-13 
発行日 2018-06-07 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2018-13

研究会情報
研究会 EMCJ WPT  
開催期間 2018-06-14 - 2018-06-15 
開催地(和) 長崎県総合福祉センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線電力伝送,EMC一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2018-06-EMCJ-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 腐食モニタリング用センサネットワークにおけるレクテナ活用法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Utilization of rectenna in wireless sensor network for erosion monitoring 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レクテナ / Rectenna  
キーワード(2)(和/英) インフラ / Infrastructure  
キーワード(3)(和/英) 腐食モニタリング / Monitoring for Erosion  
キーワード(4)(和/英) ワイヤレスセンサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(5)(和/英) 橋梁 / Bridge  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇都 伸太郎 / Shintaro Uto / ウト シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) グアン チャイ ユー / Guan Chai Eu / グアン チャイ ユー
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 孝文 / Takafumi Fujimoto / フジモト タカフミ
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石塚 洋一 / Yoichi Ishizuka / イシヅカ ヨウイチ
第4著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥松 俊博 / Toshihiro Okumatsu / オクマツ トシヒロ
第5著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤島 友之 / Tomoyuki Fujishima / フジシマ トモユキ
第6著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 知史 / Satoshi Sugimoto / スギモト サトシ
第7著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 昌平 / Shohei Iwasaki / イワサキ ショウヘイ
第8著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-06-14 16:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WPT 
資料番号 WPT2018-13 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.87 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数
発行日 2018-06-07 (WPT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会